最新号紹介

CAPACAPA 5月号
THE 標準レンズ 奥深きセルフポートレートの世界 春〜初夏の彩り花風景 コスプレ写真 【付録】撮影ジャンル別極上レンズセレクション詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 5月号
自分だけの絵作り入門 今買っておくべきカメラ用品 新製品レビュー 写真ってどうしたらうまくなりますか?詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年4月18日(火)

リーズナブルで描写も良好なオススメ広角ズーム『キヤノン EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM』

この写真の記事

現在使用している「キヤノン EOS M3」ボディに、新たに購入した広角ズーム『EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM』を装着。どちらも小型設計の製品で、…

2017年3月24日(金)

一般バッグでも機材がきちんと保護できるケース『ロープロ ダッシュポイントAVC80 II』

この写真の記事

『ロープロ ダッシュポイントAVC80 II』。都内の大手量販店にて5000円台で購入。  先日、泊りがけの取材で京都を訪れた。しかも、通常の取材とは異なり、撮影機…

2017年2月22日(水)

AFや絵作りなどが進化した、プレミアムな高級コンパクト『富士フイルム X100F』

この写真の記事

クラシカルなデザインと上質な作りの『富士フイルム X100F』。う〜ん、往年のレンジファインダー機を彷彿とさせますナァ。でも、その中身には、最新デジタルカメラの技術…

2017年2月3日(金)

PRO仕様の高倍率ズームで “尾道” を撮る『オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』

この写真の記事

「オリンパス OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を手にして、千光寺公園から尾道…

2017年1月16日(月)

年末年始の撮影は、新型フラッグシップ機&PRO仕様レンズで…『オリンパス OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO PROレンズ』

この写真の記事

「オリンパス OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO PRO」+大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25ミリF1.2 PRO」。…

2016年12月26日(月)

高画素と連写性能を両立させたAマウントフラッグシップ機『ソニー α99 II』

この写真の記事

ロゴ部分の出っ張りとエッジが強調されたデザインの『ソニー α99 II』+大口径標準ズームの「バリオゾナーT*24-70ミリF2.8ZA SSM II」。  仕事柄…

2016年11月29日(火)

新型の中望遠マクロレンズで、高尾山周辺の “紅葉” を撮る!『タムロン SP90ミリ F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD』

この写真の記事

先行発売の35ミリと45ミリで提唱された “新SPシリーズ” のデザインコンセプト。当然、この『タムロン SP90ミリ …

2016年11月11日(金)

衝動買いしてしまった、ミラーレスカメラの組み合わせ『キヤノン EOS M3』

この写真の記事

ファインダー内蔵「EOS M5」が登場した今、あえて注目したいっ! 電子ビューファインダーEVF-DC1を装着した「EOS M3」。その合体ロボ感、イカス!! …ま…

2016年10月11日(火)

従来モデルから新型モデルへ!『タムロン SP90ミリ F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD』

この写真の記事へ

新しいSPシリーズのデザインコンセプト(柔らかさを追求したヒューマンタッチ、ユーザーとタムロンとの関係性を象徴するルミナスゴールドのブランドリング、など)が採用され…

2016年8月26日(金)

絶妙&上質…な Limitedレンズを堪能!!『ペンタックス K-1』その2

「ペンタックス K-1+smcペンタックス-FA 31ミリF1.8AL Limited」。これは”ボディ+常用広角単焦点レンズ”という、ボク…

記事一覧

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS