最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キヤノン

2017年5月29日(月)

機能や仕様を着実に向上させた、EOS 5Dシリーズの正統後継モデル『キヤノン EOS 5D Mark IV』

この写真の記事

EOS 5D Mark IV ボディ+EF24-70mm F4L IS USM。さらに、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMも。 < EOS 5D…

2017年4月18日(火)

リーズナブルで描写も良好なオススメ広角ズーム『キヤノン EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM』

この写真の記事

現在使用している「キヤノン EOS M3」ボディに、新たに購入した広角ズーム『EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM』を装着。どちらも小型設計の製品で、…

2016年11月11日(金)

衝動買いしてしまった、ミラーレスカメラの組み合わせ『キヤノン EOS M3』

この写真の記事

ファインダー内蔵「EOS M5」が登場した今、あえて注目したいっ! 電子ビューファインダーEVF-DC1を装着した「EOS M3」。その合体ロボ感、イカス!! …ま…

2016年6月24日(金)

ファインダー搭載機の魅力と今後の要望…『キヤノン パワーショット G5 X』

エッジが効いたシャープな印象の『キヤノン パワーショット G5 X』。  前回は「キヤノン パワーショット G7X Mark II」の実写レポートをお送りしたが、実…

2016年6月14日(火)

"EOS基準" の画像調整機能、ついに搭載される!!『キヤノン パワーショット G7 X Mark II』

新画像処理エンジン「DIGIC7」の搭載により、総合性能が比較的に高まった『キヤノン パワーショット G7 X Mark II』。グリップが設けられたシャープな印象…

2015年7月21日(火)

APS-Cの特徴を生かした高速連写モデルと、リニューアルされた高性能望遠ズームに再注目!!『キヤノン EOS 7D Mark II+EF100-400ミリF4.5-5.6L IS II USM』

リニューアルされた高性能望遠ズーム「EF100-400ミリF4.5-5.6L IS II USM」を装着した『キヤノン EOS 7D Mark II+バッテリーグリ…

2014年6月9日(月)

“描写性能重視”で選んだプレゼント用のコンデジ『キヤノン パワーショット S200』

スリムさが売りの「パワーショット S120」の奥行き(厚み)は29.0mm。…だが、この『パワーショット S200』の奥行きは、さらに薄い26.3mm。…

2013年4月25日(木)

薄くて軽くて安い…。満足度の高いパンケーキレンズ『キヤノン EF40ミリF2.8 STM』

厚みわずか22.8mmの「EF40ミリF2.8 STM」は、手持ちのEOS 60Dボディに装着してみると、そのコンパクトさを実感する。EOS 60Dも割とコンパクト…

2013年3月19日(火)

最も高画素なGシリーズ機をGETし、枝垂桜の撮影を堪能する…『キヤノン パワーショットG10』

「Gシリーズ」に相応しい風格を感じさせる『キヤノン パワーショットG10』。モードダイヤルとISOダイヤルを同軸上に配した、いわゆる”2段ダイヤル&#8…

2012年12月15日(土)

バリアングル液晶はなくなったが、軽快さや充実機能が魅力的!『キヤノン パワーショット G15』

 現在の高級コンパクト(ボクは「高性能コンパクト」という呼び方の方が適切だと思うけど)のカテゴリーの中でも、キヤノンのパワーショットGシリーズは、2000年代に入っ…

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS