最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シグマ

2014年8月8日(金)

“攻めのフォルム” と超高画質仕様が、撮影者を “攻めの気分” にさせる『シグマ dp2 Quattro』

『シグマ dp2 Quattro』の超高画質を堪能するには、三脚の使用が不可欠だろう。ちなみに、この横長ボディに両吊りストラップを装着すると、こういったブツ撮りでは…

2012年8月15日(水)

専用RAW現像ソフト使用で高画質を極める!?『シグマ DP2 Merrill』

今回の撮影では、すべてのシーンで三脚を使用。そして、ISO感度を下げ、MFモード(拡大表示)で厳密なピント合わせをおこなって、可能な限り“高画質”を追及。  先日紹…

2012年7月28日(土)

画素数の大幅アップで「Foveon X3ダイレクトイメージセンサー」の特長が際立つ!!『シグマ DP2 Merrill』

レンズ位置がボディ右側(前面から見た場合)に大きく寄っていて、従来モデル「DP2x」とは印象が異なる『DP2 Merrill』。また、上面にあったモードダイヤルもな…

2009年9月14日(月)

バランスの良い標準ズームを手に、山間にある古い町並を歩く…『シグマ 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM』

上下駅(JR福塩線)の近くに自動車を置いて、駅前の食事処で昼食タイム。白壁や格子窓など、味のある歴史的な景観(通り)は、ここからすぐ近くにある。  気がつけば、すで…

2009年8月2日(日)

春から夏にかけて買ったモノ…『ニコンD5000 シグマ18-50ミリF2.8-4.5DC OS HSM パナソニックDMC-TZ7 ドコモSH-05A』

 またまたご無沙汰でスイマセン…。現在レポート中の「タムロンSP AF60ミリF2 DiⅡLDマクロ1:1」を含め、取り上げたいネタはいろいろあるんだけど、なかなか…

2008年7月30日(水)

小型軽量ボディとのバランスも良好。手ブレ補正&HSM仕様も魅力的!『シグマ18-125ミリF3.8-5.6 DC OS HSM』

 キヤノンのAPS-Cサイズのデジタル一眼レフのレンズ選びでネックになるのは「良さげな高倍率(標準)ズームが見当たらない」ということ。レンズ1本で済ませたいけど、1…

2008年5月26日(月)

高倍率ズーム1本で夕暮れの奈良町を撮り歩く『ニコンD300』

元興寺(がんごうじ)の前にて。蘇我馬子が飛鳥に建立した飛鳥寺を移した寺院で、世界遺産にも登録されている。…ま、閉門されてたので中は見てないけど(苦笑)。  先週末、…

2007年10月12日(金)

運動会本番!! 400ミリ相当の画角で余裕…?『オリンパスE-510+シグマ55~200ミリDC』

徹夜仕事でほとんど寝てねーわ、シートの“場所取り”に出遅れるわ…と、プログラムが始まる前から散々な状態(苦笑)。あとは、400ミリ相当の望遠パワーに期待しましょうか…

2007年10月9日(火)

運動会用にリーズナブルな望遠ズームを!『シグマ55~200ミリF4-5.6DC』

レンズ本体がコンパクトなぶん、付属フードの大きさが目立ってしまう(笑)。ま、収納時は逆付けできるから問題ないけどね~。  実は、明日(10日)は、息子が通う幼稚園の…

2007年1月25日(木)

旅のレンズ選びは悩み無用!シグマ18〜200ミリF3.5-6.3DC

全長78.1mm×最大径70mm、重量405g。高倍率ズームとしては非常にコンパクト。しかも、スリム感が高いのがウレシイよね。 1月も後半になると、東京近郊でも雪が…

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS