最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: タムロン

2016年11月29日(火)

新型の中望遠マクロレンズで、高尾山周辺の “紅葉” を撮る!『タムロン SP90ミリ F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD』

この写真の記事

先行発売の35ミリと45ミリで提唱された “新SPシリーズ” のデザインコンセプト。当然、この『タムロン SP90ミリ …

2016年10月11日(火)

従来モデルから新型モデルへ!『タムロン SP90ミリ F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD』

この写真の記事へ

新しいSPシリーズのデザインコンセプト(柔らかさを追求したヒューマンタッチ、ユーザーとタムロンとの関係性を象徴するルミナスゴールドのブランドリング、など)が採用され…

2016年1月22日(金)

"単焦点のアドバンテージ" が堪能できる『タムロン SP35ミリ F/1.8 Di VC USD』

ニコン D800+タムロン SP35ミリ F/1.8 Di VC USD  唐突だけどっ! ズームレンズに対する ” 単焦点レンズの…

2014年6月25日(水)

両端を拡張した最新の高倍率ズームを使用中!『タムロン 16-300ミリF3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO』

従来製品の「18-270ミリF3.5-6.3 Di II VC PZD」などよりシャープな印象に仕上がっている『タムロン 16-300ミリF3.5-6.3 Di I…

2010年12月29日(水)

劇的なコンパクト化と優れた操作性を実現『タムロン 18-270ミリF3.5-6.3 DiⅡ VC PZD』

キヤノンのEOSだと、Kissシリーズでも悪くないが、この「EOS60D」あたりのボディとのマッチング(バランス)がベストに近い印象を受ける。  “高倍率ズームのパ…

2010年7月19日(月)

ちょい重ボディと小型軽量の高倍率ズームの組み合わせが絶妙!!『ペンタックスK200D+タムロンAF18-200ミリF3.5-6.3 XR Di Ⅱ』

 先週末、関東地方も待望の“梅雨明け宣言”が出され、一気に真夏らしい天気&気温になってきた。…で、その梅雨明けに合わせて(厳密には前日だけど)、ようやく撮影に出かけ…

2010年7月5日(月)

週末のお出かけで、またもや“衝動買い”ですわ…

 土曜日(3日)の午後、新宿御苑近くで開催された、知人の写真集出版パーティーに出席した。…その後、行きつけの中古カメラ店に、フラリと立ち寄ることにした。あ~、これは…

2010年3月16日(火)

「CP+2010」で注目の望遠ズームをチェック!!『タムロンSP70-300ミリF4-5.6 Di VC USD』

みなとみらい線の「みなとみらい」駅で下車して、屋外を目指して上へ上へ…。でもって、建物外に出るとすぐ目の前に「パシフィコ横浜」が見えてくる。  先週の木曜(11日)…

2009年9月25日(金)

他のレンズとの組み合わせを考える…『タムロン SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1』

現在、ボクの手元には2本のマクロレンズがある(キヤノンEOSマウント用で)。1本は従来から使っている「SP AF90ミリF2.8 Di マクロ1:1」で、もう1本は…

2009年8月20日(木)

定評のある90ミリとの操作性や役割の違いは…?『タムロン SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1』

 約2か月くらい前に発売された『タムロンSP AF60ミリF2 Di II LDマクロ1:1』は、開放F値「F2」の抜群に明るい中望遠マクロレンズで、その描写もなか…

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS