最新号紹介

CAPACAPA 11月号
ニコンD850&各社フルサイズ一眼徹底チェック大口径標準ズーム10本の描写力 ススキ&コスモス撮影術【付録】ミラーレス一眼レンズ活用BOOK詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 11月号
スナップの秋 紅葉&秋風景Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パナソニック

2016年2月10日(水)

GX8ボディに合わせて買った、高品位な大口径単焦点レンズ『LEICA DG SUMMILUX 15ミリ/F1.7 ASPH.』

パナソニック LUMIX DMC-GX8+LEICA DG SUMMILUX 15ミリ/F1.7 ASPH.  マイクロフォーサーズの「パナソニック LUMIX D…

2016年1月4日(月)

最新Gシリーズ2モデル、実写チェック!!『パナソニック LUMIX DMC-GX8+LUMIX DMC-G7』〜後編〜

左:パナソニック LUMIX DMC-G7+LUMIX G VARIO 14-140ミリ/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S 右:パナソニック L…

2015年11月12日(木)

最新Gシリーズ2モデル、実写チェック!!『パナソニック LUMIX DMC-GX8+LUMIX DMC-G7』〜前編〜

左:パナソニック LUMIX DMC-G7+LUMIX G VARIO 14-140ミリ/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S 右:パナソニック L…

2015年6月29日(月)

レリーズ時の音&感触に感心! 望遠ズームも買ったヨ『パナソニック LUMIX DMC-GM5』

「LUMIX DMC-GM5」ボディに、新たに購入した望遠ズーム「LUMIX G VARIO 45-150ミリF4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S」を…

2015年5月3日(日)

ファインダー搭載の超小型ミラーレス、勢いで購入!『パナソニック LUMIX DMC-GM5』

ヘタなコンデジより、ずっとコンパクトな「LUMIX DMC-GM5」。幅98.5×高59.5×奥36.1mm・180g(本体のみ。いずれも”約&#822…

2014年10月23日(木)

バージョンアップされた「4K PHOTO」を堪能!!『パナソニック LUMIX DMC-FZ1000』

 ボクの場合、この『パナソニック LUMIX DMC-FZ1000』は、1.0型の大型センサー採用や「25-400ミリ相当/F2.8-4」の高倍率(望遠側に強い)高…

2014年9月25日(木)

高画質設計の高倍率ズーム機…で、倍率アップ技も実用的『パナソニック LUMIX DMC-FZ1000』

レンズ交換式カメラを彷彿とさせるボディデザイン…よりも、レンズ鏡筒外枠の太さが印象的な「LUMIX DMC-FZ1000」。  7月の中旬に買った『パナ…

2014年3月3日(月)

コレで気軽にプロ野球観戦が楽しめる!?『パナソニック LUMIX DMC-TZ40』

これといった特徴はないが、コンパクトでホールドしやすい「LUMIX DMC-TZ40」。ちなみに、後継モデルの「TZ55」は、自分撮りが可能な180度チルト式モニタ…

2013年11月29日(金)

大口径ズームレンズ搭載の1/1.7型センサーコンデジと”ボケ効果&高感度画質”対決!!『パナソニック LUMIX GM』

借用した『パナソニック LUMIX DMC-GM1』と、自前の『パナソニック LUMIX DMC-LX7』。 「GM」と「LX7」をこうやって並べると……

2013年11月21日(木)

本日(11月21日)発売! 驚異のコンパクト設計の「ボディ+沈胴ズーム」で旅写真を満喫する『パナソニック LUMIX GM』

熱海の海岸近くの公園にて。LUMIX GMレンズキットの『パナソニック LUMIX DMC-GM1(ボディ)+LUMIX G VARIO 12-32ミリF3.5-5…

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS