最新号紹介

CAPACAPA 4月号
NEWミラーレス購入ガイド 3600万画素オーバーカメラの描写力 春の里山撮影術 すぐ手に入れたい撮影グッズ詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 4月号
写真の新常識50 CP+2017総力レポート 桜で学ぶ!美色にこだわるRAW現像&レタッチ詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

わしぁカメラが好きなんじゃ!!:CAPAカメラネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 富士フイルム

2017年2月22日(水)

AFや絵作りなどが進化した、プレミアムな高級コンパクト『富士フイルム X100F』

この写真の記事

クラシカルなデザインと上質な作りの『富士フイルム X100F』。う〜ん、往年のレンジファインダー機を彷彿とさせますナァ。でも、その中身には、最新デジタルカメラの技術…

2016年3月28日(月)

Xの新フラッグシップ& "超望遠ズーム一本勝負" 『富士フイルム X-Pro2+XF100-400ミリF4.5-5.6 R LM OIS WR』

「X-Pro2+XF100-400ミリF4.5-5.6 R LM OIS WR」のセット。  先日、ひょんなことから『富士フイルム X-Pro2』を借りて使用する機…

2015年1月16日(金)

実家で活躍中の”古コンデジ”たち

2001年発売の、光学3倍ズーム搭載の200万画素機『キヤノン パワーショットA20』。お〜、今は無きAシリーズのボディデザイン、何だかカッコイイなあ〜。同時期には…

2014年11月26日(水)

「神戸・明石」取材のサブカメラとして活用『富士フイルム XF1』

明石市立天文科学館の展望室にて。  前回の当ブログでお伝えしたとおり、今月(11月)の16日から2泊3日で神戸や明石を訪れた。神戸ではいろんな特集(撮影ノウハウ)を…

2014年3月31日(月)

鮮やかな色再現や優れたレンズ描写で”春の彩り”を堪能!『富士フイルム X-T1』

ボクは別に「ダイヤルによるアナログ操作が好き」という訳ではない。でも、一眼レフを彷彿とさせるトップカバーに質感の高いダイヤルが並ぶ姿には、やはり懐かしさや安心感を覚…

2014年3月23日(日)

高精細ファインダーや「最速8.0コマ/秒」高速連写がウリの注目モデルを実写チェック!!『富士フイルム X-T1』

「XF18-55ミリF2.8-4 R LM OIS」を装着した『富士フイルム X-T1』。このXF18-55ミリF2.8-4は、一般的な標準ズームよりも開放F値が明…

2011年3月23日(水)

“大きめセンサー”の高画質モデルを入手

 前回紹介した「パナソニック LUMIX DMC-FZ28」では、最近の高倍率ズーム機の30倍や35倍といった過剰(?)な高倍率ぶりに「カンベンしてっ!」という感じ…

2008年1月26日(土)

「スタイリッシュ28ミリ機」の決定版になるか!?『フジフイルム ファインピックスF100fd』

スリムでスタイリッシュなボディに、28-140ミリ相当という“オイシイ画角”をカバーする光学5倍ズームを搭載。そのボディだが、上面がへこむようにカーブしているのが、…

2008年1月25日(金)

レンズ性能やフィルムシミュレーションに期待!!『フジフイルム ファインピックスS100FS』

カウンターにずらりと並べられた、ファインピックスS100FSの雄姿。う~ん、なかなか壮観ですナァ~。お願いして並べてもらったんだけど(笑)。フードに設けられたPLフ…

2007年6月13日(水)

キレイな高感度撮影ならコレしかない!?フジフイルム・ファインピックスF31fd

このファインピックスF31fd、ルックス面の魅力は希薄だけど(あくまでもボクの感覚)、使っていくうちに、その便利さ&優秀さにジワジワと惹かれてくるんだよね~。  よ…

プロフィール

  • 吉森信哉
  • 吉森信哉 よしもりしんや
  • 撮影テクニック解説、カメラやレンズのインプレなどで活躍中の写真家。とにかくカメラが好きなことにかけては世界一!なレベルだと周囲は認めている(笑)。デジも銀塩も一眼もコンパクトもクラシックも、撮るのも触るのも見るのも夢見るのも買うのも、カメラだったらなんでも大大大好き! タイトルの言葉は広島出身の彼のリアルな心の叫びである。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS