1. ホーム
  2. 動画
  3. イベント動画レポート
  4. CP+2016動画レポート
  5. 〈パナソニック〉マイクロフォーサーズ初の400mm超望遠ズームと、幅広く使える標準ズーム

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CP+2016動画レポート2016.2.25〜28 パシフィコ横浜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック
マイクロフォーサーズ初の400mm超望遠ズームと、幅広く使える標準ズーム

2015年7月に開発発表、2016年1月にロサンゼルスの国際家電見本市「CES 2016」で海外発表されていた超望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.」が、国内では2016年3月10日発売に決定した。マイクロフォーサーズシステム準拠のレンズとしては、初めて400mm(35mm判換算 800mm)までの超望遠を実現している。

引き続きパナソニックブースから、CP+開幕前日に発表された「LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.」とあわせて紹介する。12-60mmは2016年4月下旬発売予定で、価格は68,000円(税別)。幅広い撮影シーンをカバーする標準5倍ズームだ。