1. ホーム
  2. デジキャパ!
  3. 月例デジタルフォトコンテスト
  4. 2016年11月号入賞作品

最新号紹介

CAPACAPA 1月号
2018 風景カレンダー 2018 撮るべき絶景61 ニコンD850 vs ソニーα7RIII デジタル版パンフォーカス撮影術 冬景色にも効くPL活用法詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

デジキャパ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルフォトコンテスト

2016年11月号入賞作品(評:佐藤信太郎)

金賞

金賞
「それぞれの悟り」 後藤文夫さん(大阪府守口市)
キヤノン EOS 50D EF-S18~200㎜F3.5-5.6
この写真、何度見ても怖いです。人形が本質的に持つ不気味さなのでしょうか。ネットで調べてみると古美術屋さんのようですね。実際にこの場に行ってみたら異様な感じはするかもしれませんが、この写真の持つ不気味さは感じないのでは? これこそ、切り取ることで現実を異化する写真の力だと思います。背後に少しだけ写っている古い家や山もアクセントになっています。逆光気味に差し込む夕方の光も効果的でした。【佐藤】
「2号連続金賞!? なんで?」。倉敷では有名なビクター犬らしいのですが、まさかこの写真で金賞を受賞できるとは思っていませんでした。来年の運を使い果たしてやしないかと少々不安ですが、本当にありがとうございました。【作者】

コンデジ&スマホ賞

コンデジ&スマホ賞
「要注意人物たち」 宇栄原 格さん(沖縄県北谷町)
カシオ エクシリムEX-ZR1600
面白いですね。笑ってしまいました。集団で、道端で何を撮っているのか、はたから見るとまさに「要注意人物たち」です。集団のいる街の風景が沖縄っぽかったのでコメントを見てみると、その通りでした。家の造りや背後の海、弾丸で打たれたような凹みがあるミラーなど、ディテールも魅力的に感じます。【佐藤】
沖縄の離島、浜比嘉に撮影に行ったとき、仲間たちが村の様子を撮っている姿がカーブミラーに写っていました。その下に注意の文字があって、まさに要注意人物たち。コンデジ&スマホ賞に選んでいただき、ありがとうございました。これからもコンデジで頑張ります。【作者】

佳作

「シーソー」 小西 俊さん(和歌山県橋本市)
佳作
オリンパス ペンライト E-PL6 M.ズイコー25ミリF1.8
シーソーに乗って遊ぶ子どもの表情をうまく捉えています。この子の笑顔がまた複雑で魅力的です。50ミリ相当の単焦点レンズを使用していますが、この場合はできればもう少し子どもに寄って、無駄な空間を省けると、さらによかったでしょう。【佐藤】
単焦点レンズを購入しました。孫娘を相手に、ポートレートの練習に励んでいます。【作者】

「夢を背負って」 浅井誠章さん(神奈川県藤沢市)
佳作
パナソニック ルミックスFZ50
野球少年たちの後ろ姿を、ドラマチックな色彩と暗いトーンで捉えています。どの少年の顔も見えないところが、逆にこちらの想像力をかきたてる結果になり、とても効果的です。決まりすぎていないフレーミングも、この写真の良点に感じました。【佐藤】
この度は私の作品を佳作に選んでいただき本当にありがとうございます。この作品は暑い夏に熱い高校球児たちを撮った思い入れのある作品なので認めてもらえてすごく嬉しいです。また入賞できるようがんばりたいと思います。【作者】

「俺が主役」 羽島誠也さん(神奈川県横浜市)
佳作
ニコン D7100 ニッコール 18~200ミリF3.5-5.6
組み写真の組み方のひとつに「アップ、ロング、中ロング」というパターンがあります。距離感を変えて写真に変化をつけるためですが、この作者はそれをとてもうまく取り入れています。3枚目の写真にもっとインパクトがあればパーフェクトでした。【佐藤】
新江ノ島水族館の大水槽、一番目立つのがエイ。たまたま給餌のショーで面白いアップが撮れたのでこれを中心に組み写真を作ることを思いついた。組み写真ははまるとほんとに面白いです。ありがとうございました。【作者】

「セミと私の夏」 岩木まさびさん(兵庫県赤穂市)
佳作
オリンパス スタイラスTG-3タフ
岩木さんのセルフポートレートシリーズ。今回は「夏編」ですね。セミや木の表面のディテールもよく描写されていて、とても面白いです。この調子で季節の変化も表現しながらシリーズ展開できたら、素晴らしいと思います。今後も期待しています。【佐藤】
いつもの虫の目レンズを使用し撮影しました。近づくだけで逃げるセミばかりでしたが、このセミは最後まで逃げずに撮影に協力してくれました。この度の選出を感謝すると共に、さらに写真道に精進いたします。【作者】

「ミドリの仮面」 大西 隆さん(大阪府茨木市)
佳作
ニコン D610 シグマ 50~500ミリF4.5-6.3
ハチの巣やハスの実などの小さな穴の集合体に恐怖を覚えることを「トライポフォビア」というそうです。この写真を見たときの私の反応がまさにそれ。でもよく見ていると、ユーモラスだったりエロチックだったり、いろいろな表情を見せてくれています。【佐藤】
佳作に選んでいただき、また「トライポフォビア」という言葉まで教えていただきありがとうございました。今後も植物などの奇形・変形を散歩中に探索し写真にして行きたいと思っています。【作者】

「シャボン玉」 マンサクさん(愛知県一宮市)
佳作
ニコン D90 ニッコール 18~200ミリF3.5-5.6
シャボン玉で遊ぶ子どもたちを横から写しています。背景が暗いことで、シャボン玉がうまく浮き上がっている点が◎。ただし、女の子の髪の輪郭をハッキリさせるために、女の子の背景を画像加工でもう少し明るくすれば、さらによくなったと思います。【佐藤】
路地で姉弟らしい二人がシャボン玉遊びを楽しんでいました。画面全体が暗くシャボン玉があたかも宝石を散りばめたように思えました。【作者】

「STEP」 sanaさん(神奈川県川崎市)
佳作
ニコン D750 ニッコール 24ミリF1.4
画面を大きく傾けているため、ぱっと見で距離感がつかめず、不思議な浮遊感を醸し出しています。テーマを絞ってアップめに捉えて周りを説明していないところも、この写真をさらに魅力的なものにしています。【佐藤】
この度は選出いただき、嬉しい講評をありがとうございます。浮遊感を出したくて、上下逆に仕上げました。イベント会場で、子どもたちは遊ぶのに、私は撮るのに夢中で楽しく過ごしました。【作者】

「お姉ちゃーん、はいチーズ!」 コユキさん(大阪府大阪市)
佳作
ニコン D5 タムロン 24~70ミリF2.8
仲良し姉妹の関係性が、この2枚に凝縮されています。お姉ちゃんの表情もとてもかわいらしいし、光の具合も最適です。ただし、1枚目の背景はもう少しカットしてもいい気がしました。2枚目もお姉ちゃんの目にピントが合っていれば完璧でした。【佐藤】
モデルとなった姉妹は本当に元気なわんぱく姉妹。見ているだけで楽しくなってきます。そんな2人を自然に撮った写真でした。ご指摘もありがとうございました。今後さらに腕を磨いていい写真を撮ります。【作者】

「連携」 たむらけんじさん(北海道室蘭市)
佳作
ニコン D7000 ニッコール 16~85ミリF3.5-5.6
働く人たちを、構成的かつリズミカルに捉えています。モノクロで処理したことが、この写真の構成的な美しさを強調しています。粒状感があって、周りが黒く縁取りされ、まるでフィルムで撮影したかのような味わいがあります。【佐藤】
この度は、佳作に選出いただきありがとうございました。作画意図を理解していただけたことを嬉しく思います。次回もモノクロにチャレンジしたいと思います。【作者】

「追憶の夏休み」 くまごろうまるさん(兵庫県宝塚市)
佳作
ニコン D5500 シグマ 10~20ミリF3.5
タイトルどおり、どこかノスタルジックな写真ですね。逆光に輝く水面や黒くしまった風景がとても美しく感じられます。ただ逆光のなかでも、子どもたちの表情はきちんと見たい。面倒でも画像処理で1人1人の表情を少しでも見えるようにしてほしいです。【佐藤】
選んでいただき、ありがとうございます。楽しい水が流れる滋賀県針江大川で遊ぶ子どもたちの姿に、幼少の頃の夏休みに思いを馳せました。躍動感を出すことが良くできてよかったです。【作者】

「ひとやすみ」 ムラカミイズミさん(広島県熊野町)
佳作
リコー ペンタックスK-5 タムロン 18~200ミリF3.5-6.3
映画のワンシーンのような美しい写真です。紫色の布越しに見える抱えられた子どもの安らいだ表情に、さまざまなドラマを感じます。子どもの顔に描かれた模様と首についているひもの赤がアクセントになっています。いつまでも見ていたい優しい写真です。【佐藤】
狐の嫁入りでのスナップショットです。パレードで歩き疲れておかあさんに抱かれてひとやすみ。おつかれさま。【作者】

「ひまわり日和」 黒澤一章さん(群馬県高崎市)
佳作
リコー ペンタックス K-5 IIs
一面に咲いたヒマワリと、青空を背景にした雲の形が美しいですね。ただ、この写真で私がいいと思ったのは、ヒマワリの中に小さく写っている家族の存在です。それがアクセントになって、この写真をより印象的なものにしています。【佐藤】
妙義山の麓に群生しているひまわり畑、夏らしい空模様だったので、妙義山を絡め、空をダイナミックに入れてフレーミングしました。【作者】

「僕らの居場所」 藤堂裕子さん(滋賀県大津市)
佳作
キヤノン EOS M EF-M22ミリF2
道路の一角に敷き詰められたネコ避けのペットボトルを前に、「もういいや」といった表情のネコ。ペットボトルの圧倒的な量とフタが作り出す幾何学的なパターンの緊張感が、ネコの存在によって一気に緩みます。緊張と脱力のコントラストがユニークです。【佐藤】
この度の選出ありがとうございます。路地通りを散策中に見かけたたくさんのペットボトルと猫に目が留まりました。車体との隙間で過ごす空間を狙ってみました。【作者】

「あっぷっぷ」 ぽちおさん(茨城県水戸市)
佳作
パナソニック ルミックスGF6 G MACRO30ミリF2.8
かわいらしい赤ちゃんのお顔ですが、これだけアップにすると迫力がありますね。肌の質感やまつ毛の1本1本までディテールがよく描写されていて見飽きません。瞳に映し出された人影や部屋の様子に、暖かい雰囲気を感じます。【佐藤】
子どもの表情というのは日々変わっていくもので、同じ写真を撮ることはもうできません。いつか子どもにこの写真の話ができる日が来るのを今から楽しみにしています。【作者】

「夏草」 原本行雄さん(広島県廿日市市)
佳作
キヤノン EOS Kiss X2 タムロン 16~300ミリF3.5-6.3
見捨てられ朽ちていくものたちを、複数の写真で表現しています。この作品は距離感を一定に保ちながら、淡々と並べていくことで、作者の表現したいことを見せる組み方です。1つ1つの被写体が魅力的で、被写体を発見する作者の力を感じます。【佐藤】
長いこと組み写真の分野にも挑戦して応募を続けてきましたが、なかなか入選は難しく、今回初めて佳作に選ばれました。1度に4枚も自作写真が並ぶ誌面を見てしばらく酔ってしまいました。【作者】

「真岡鐡道」 ぐんじゆうじさん(栃木県下野市)
佳作
キヤノン EOS 5DマークII EF35ミリF2
相変わらず、“ぐんじ節”が炸裂しています。この女性の微妙な笑顔や、ナチュラルだけど際どいポーズがいいですね。撮影場所も面白い。光の感じや色彩の処理も自然で好感が持てます。少し傾いた画面は、写真に動きを生んでいて決まっていますね。【佐藤】
佐藤先生に選んでいただけてすごく嬉しいです。少女時代の青い色香の魅力が表現できていたら嬉しいです。【作者】

「光と陰」 ちいくま写真館さん(神奈川県横浜市)
佳作
キヤノン EOS 7DマークII シグマ 120~400ミリF4.5-5.6
まるで彫刻のようですね。サイの角や皮膚のしわなどの質感が非常にしっかりと表現されています。ライティングをよく考えて撮ったとのことですが、その工夫が成功しています。周辺を黒く落としたのも、視線がサイに集中してグッドでした。【佐藤】
この度は選出していただきありがとうございます。サイの特徴である角を光、臆病な性格を陰として撮影をしてよかったです。【作者】