1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 公文健太郎写真展「耕す人」

最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公文健太郎写真展「耕す人」

公文健太郎写真展「耕す人」

変わりゆく日本の風景を

今回、公文さんが発表する「耕す人」は、日本の農業をテーマに全国を旅して撮影した作品群だ。5年余り前からこの分野で仕事をし、一段落した3年ほど前に、改めて自分なりの撮り方をしようと考え、取り組み始めた。
「仕事柄、いろんな所を旅するんですけど、その中でいい風景だと思えるのは農業の風景だなと、ふと気づきました。そして農業は転換期にあることがわかった。農業が変わるということは日本の風景が変わること。今、撮っておかないといけないと思いました」

取材は、仕事で知り合って親しくしていた人たちの家を訪ねることから始めた。あとは旅の出会いを大事にした。
「割と直感で行きます。道の駅に置いてある野菜を見て、これを作っている生産者の所に行きたいと言って教えてもらったり。農家の人たちは語ってくれる人が多いですよ。家に招いて自慢のものを食べさせてくれることもあって、農家さんの温かさを感じます」

北は紋別から南は八重山諸島まで、銀塩カメラで撮り歩いた。レンズは35ミリが中心。長年にわたって人物をとらえてきた公文さんならではの視点で、日本の日常にある風景が描かれている。

会期中の8月27日(土)と9月3日(土)には公文さんのギャラリートーク、9月17日(土)にはトークショーを開催。トークショーには写真家の田附勝さんをゲストに迎え、公文さんと語り合う。9月17日(土)のみ事前予約が必要。申し込みはキヤノンギャラリー オフィシャルサイトの申し込みフォームより。

会 期
2016年8月25日(木)~10月11日(火)
会 場
キヤノンギャラリーS
住 所
東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー1F
時 間
10:00〜17:30
休館日
日曜・祝日
料 金
無料
イベント
■ギャラリートーク
[日時]2016年8月27日(土)・9月3日(土)いずれも15:00~
[会場]キヤノンギャラリーS [参加費]無料 [予約]不要
[出演]公文健太郎
■トークショー
[日時]2016年9月17日(土)13:30〜
[会場]キヤノンSタワー3F キヤノンホールS
[出演]公文健太郎、田附 勝 [参加費]無料 [定員]300名(先着順)
[申し込み]Webサイトの申し込みフォームより
問い合わせ
キヤノンギャラリーS(TEL 03-6719-9021)
http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/shinagawa.html

■巡回展
2016年11月26日(土)〜2017年3月28日(火)フォトギャラリー ブルーホール(秋田県)