1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 栗田哲男写真展「虫草 - チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 -」

最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栗田哲男写真展「虫草 - チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 -」

栗田哲男写真展「虫草 - チベット・極限の標高5000m地帯で冬虫夏草を採る人々 -」

辺境写真家として活動する栗田さんは17年間にわたって中国に在住し、秘境や辺境地域に暮らす少数民族を写真に収めてきた。チベット取材は十数年に及ぶ。

今回発表するのはチベットの標高5000m地帯で採取される冬虫夏草(虫草)を巡るドキュメンタリー。漢方として高値で取り引きされるこの生薬は、毎年5月初旬から1か月半ほどしか採れない。虫草の採取を生業とするチベット人たちは、シーズンになると家財道具一式を持って一家で山に入るという。栗田さんはその準備段階から採取、売買に至るまでの約3か月間、密着取材を行なった。
「チベット人の生活など、日本ではあまり知られていない部分にスポットを当てています。外国人はなかなか立ち入れない領域なので、被写体となる家族との関係を築いて取材を実現するまでに約5年を費やしました」

山ではテント暮らしとなる。そこで彼らは這いつくばるようにして地面に生える虫草を探す。1日1人あたりの採取量は多くても10本。収穫のない日も珍しくないという。
「山の天候がとても不安定で、暑いと思ったら急に吹雪いて極寒に変わったり。登山をしているような日々でした」

山を下りてからは、虫草を売買する現場にもカメラを向け、商品として送り出すところまで追った。その写真は105点に絞って同名の写真集に収録。写真展では、さらに約25点を選りすぐって発表する。豊かな自然と、そこに生きるチベット人たちの素顔を描いた作品群だ。

会 期
2017年2月23日(木)~3月1日(水)
会 場
キヤノンギャラリー銀座
住 所
東京都中央区銀座3-9-7
時 間
10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
休館日
日曜・祝日
料 金
無料
イベント
■ギャラリートーク
[日時]2017年2月25日(土)13:00〜14:30 [会場]キヤノンギャラリー銀座
[料金]無料 [予約]不要
問い合わせ
キヤノンギャラリー銀座(TEL 03-3542-1860)
http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/ginza.html

■巡回展
2017年4月6日(木)~12日(水)キヤノンギャラリー名古屋(愛知県)
2017年4月27日(木)~5月16日(火)キヤノンギャラリー福岡(福岡県)