1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 熊切圭介写真展「三都物語り - ウィーン・プラハ・ブタペストの鉄 -」

最新号紹介

CAPACAPA 12月号
【特集】カメラ・レンズ買い換え大作戦 【付録】撮影用品ベスト100セレクション 冬を楽しみ尽くす絶景撮影地 ソニー 7R III LUMIX G9詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 12月号
星と月の撮影術 星・月&星景撮影 Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊切圭介写真展「三都物語り - ウィーン・プラハ・ブタペストの鉄 -」

熊切圭介写真展「三都物語り - ウィーン・プラハ・ブタペストの鉄 -」

中欧に息づく鉄の文化

熊切さんはこれまで、鉄をテーマに世界各地を訪れ写真に収めてきた。それらは「スペイン・鉄の栄光」「ハプスブルグの鉄」「マンハッタンの橋」「東南アジア・鉄の旅」「上海鉄景」と、5作品にまとめている。
「鉄というと鋼材のイメージが強いかもしれませんが、実は古くからさまざまな装飾に使われています。このシリーズは、生活空間に用いられた鉄に目を向けたものです」

今回は「ハプスブルグの鉄」に絞り、ウィーン、プラハ、ブダペストで撮影した写真を展示。上の写真はハンガリーにある県庁舎内の鉄の門で、この国で最も美しいといわれている門だ。
「世界を眺めると、お国柄が表れているのがわかります。中欧に位置するこの三都市では、600年余り続いたハプスブルグ家を中心に花開いた文化が今に残されています。こんなに細かい細工がよくできるものだと思いますね」

約50点の作品は鉄の文化が実に多様で奥深いことを伝えている。人々は見過ごしがちなテーマかもしれないが、自分の探究心に素直に向き合うことで新たな世界が開けると熊切さんは語る。

宮殿や教会、植物園など、街のさまざまな所に見られる鉄。その美しさや技術、アイデアに、見る者は感嘆するだろう。

会 期
2017年3月2日(木)~8日(水)
会 場
キヤノンギャラリー銀座
住 所
東京都中央区銀座3-9-7
時 間
10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
休館日
日曜・祝日
料 金
無料
問い合わせ
キヤノンギャラリー銀座(TEL 03-3542-1860)
http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/ginza.html

■巡回展
2017年3月30日(木)~4月11日(火)キヤノンギャラリー福岡(福岡県)
2017年4月20日(木)~26日(水)キヤノンギャラリー梅田(大阪府)