1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 大西みつぐ写真展「川の流れる町で」

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大西みつぐ写真展「川の流れる町で」

大西みつぐ写真展「川の流れる町で」

私たちは何を失ったのか

街や故郷は大概において変貌を余儀なくされる。時代によって町の構成人員は変わり、その役割も変化していく。ただいつの時代も、そのときの街を故郷とする人々がいることも事実だろう。

大西さんは東京の下町、深川に生まれ、育った。学生のころから地元やその周辺にカメラを向け、人々の生活や町の様子を記録してきた。またその行為は時代の表層を捉えながら、その奥にある存在を提示しようとする試みでもある。

その中で川は一つの指標でもあり、大きなモチーフにもなっている。映画「小名木川物語」では町を流れる川を中心に据えて物語を編んだ。写真集では埼玉から東京の下町地区を流れる荒川沿いの光景を撮影したもので構成した。

川は物流の要であり、そこに人が集まり、町が生まれていく。そしてかつてのように船の往来がなくなった後も、人はそこに足を運ぶ。そこで捉えられた光景は時間を経て見ると、実にありありと時代の貌を露わにしていることがわかる。当時は日常に隠され、見えなかった風景かもしれない。「川の流れる町」の光景は見る人に何かを問いかけ、静かに心を揺さぶる。

会期中には、トークショーや川あるきツアーなどのイベントも開催する。いずれも要予約。申し込みはふげん社へ。

会 期
2017年3月21日(火)~4月8日(土)
会 場
コミュニケーションギャラリーふげん社
住 所
東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル2F
時 間
12:00~19:00(土曜は17:00まで)
休館日
日曜・月曜・祝日
料 金
無料
イベント
■トークショー
[日時]2017年3月24日(金)19:00〜 [出演]大西みつぐ、飯沢耕太郎(写真評論家)
[参加費]2,000円(ドリンク付) ※トーク終了後懇親会あり。
■大西みつぐとゆく「川あるき」ツアー:『小名木川物語』を歩く下町散策コース
[日時]2017年3月26日(日)13:30〜16:00 [集合場所]深川江戸資料館前
[講師]大西みつぐ [参加費]2,000円 [定員]11名
■申し込み
電話またはEメールにてふげん社へ。Eメールアドレスは写真展サイト参照。
問い合わせ
ふげん社(TEL 03-6264-3665)
http://fugensha.jp/