1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 藤里一郎+鎌滝えり写真展「22〜ニジュウニ〜」

最新号紹介

CAPACAPA 6月号
ダイナミック!鉄道写真 梅雨のしっとり花風景 タッチモニターを使いこなせ 有安杏果インタビュー 【付録】ドローン撮影スタートガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 6月号
純正RAW現像ソフトの使い方 都市風景を撮る 中古カメラの賢い買い方&良い売り方 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤里一郎+鎌滝えり写真展「22〜ニジュウニ〜」

藤里一郎+鎌滝えり写真展「22〜ニジュウニ〜」

22歳へ向けての変化を描く

藤里さんは現在、女優の鎌滝えりさんとアートディレクターの三村漢さんと3人で、10年計画のプロジェクトに取り組んでいる。鎌滝さんを継続的に撮影し作品を発表していく企画で、今年は2年目になる。

藤里さんは現在、女優の鎌滝えりさんとアートディレクターの三村漢さんと3人で、10年計画のプロジェクトに取り組んでいる。鎌滝さんを継続的に撮影し作品を発表していく企画で、今年は2年目になる。藤里さんは、鎌滝さんと出会ったころを次のように振り返る。
「初めての撮影は九州で、延べ60時間ほど行ないました。当時、彼女は19歳。シャッターを切りながら、この人は内面から出てくる感情を写してほしいんだなと感じました」

撮影中はポーズの指示を細かく出すことはないという。「ちょっと寒いけど、気持ちは温かで」という具合だ。すると鎌滝さんは感じるままに演じ、時には素の自分を見せる。藤里さんはそれを切り取っていく。目の前の彼女に「触れたい」「抱きしめたい」という気持ちで撮り続ける。
「時系列に写真を並べるとストーリーが見えてくるような撮り方ですね」

今回のテーマは「変化」とした。粗選びした約1万8000カットから三村さんがセレクトし、仕上げている。鎌滝さんはこの春、22歳になる。刻一刻と移り変わる表情を捉えた作品からは、息遣いまでもが伝わってくる。

会 期
2017月4月14日(金)〜27日(木)
会 場
ギャラリーX
住 所
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン1F フジフイルムスクエア内
時 間
10:00〜19:00(入館は閉館10分前まで)
休館日
会期中無休
料 金
無料
問い合わせ
ギャラリーX(TEL 03-6271-3782)
http://fujifilm-x.com/gallery_x/ja/