1. ホーム
  2. 全国写真展情報
  3. ピックアップ写真展
  4. 高縄奈々作品展「Tokyo Dolphins - 東京の島のイルカたち -」

最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

全国写真展情報

ピックアップ写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高縄奈々作品展「Tokyo Dolphins - 東京の島のイルカたち -」

高縄奈々作品展「Tokyo Dolphins - 東京の島のイルカたち -」

東京の二つの離島が育む貴重な自然とイルカたちを身近に感じてほしい
思いどおりにいかない難しさと面白さがある

伊豆諸島の御蔵島と利島の海には野生のイルカが棲んでいる。ミナミハンドウイルカという種類で、高縄さんは19歳のときに初めて御蔵島を訪れ、彼らと出会った。水族館で働くことを目標に、専門学校で学んでいたころだ。
「素潜りでイルカと泳ぐドルフィンスイムを体験し、すっかり魅了されました。特に流線型の美しさと、圧倒的な泳ぎのスピード、さらに水面から数メートルまで跳ねることができるパワーが魅力ですね」

高縄さんは22歳で御蔵島に移住し、ドルフィンスイムのガイドを始めた。その後、南アフリカ共和国でのイルカ調査に参加した際、写真撮影を任されたのを機に水中写真撮影にのめり込んでいった。
「御蔵島と利島でイルカを撮影できるのは、ドルフィンスイムが行なえる3月から11月まで。相手は野生ですから人間の思いどおりにはいきませんが、そこが面白さでもあります。稀に、相手がどう動くか予測が的中し、水の透明度や太陽光などの条件も揃ったときは本当に嬉しいです」

被写体に強引に接近したり、しつこく追いかけたりはしない。高縄さんは、彼らを怖がらせてしまうくらいなら撮れなくても構わないというスタンスで向き合ってきた。

この写真展は彼女にとって初の個展だ。2010年以降の作品からプリント約30点と、大型テレビモニターで映し出す作品約30点で構成している。
「東京都に属しながらあまり知られていない二つの島の貴重な自然とそこに生きるイルカを、都会の人々に身近に感じていただけたら嬉しいです」

会期中の4月29日(土・祝)には、高縄さんのギャラリートークも開催する。参加無料、予約不要。

会 期
2017年4月28日(金)~5月11日(木)
会 場
ソニーイメージングギャラリー銀座
住 所
東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階
時 間
11:00〜19:00
休館日
会期中無休
料 金
無料
イベント
■ギャラリートーク
[日時]2017年4月29日(土・祝)13:00~13:45
[会場]ソニーイメージングギャラリー銀座
[出演]高縄奈々 [料金]無料 [予約]不要
問い合わせ
ソニーイメージングギャラリー銀座(TEL 03-3571-7606)
http://www.sony.co.jp/imaging/gallery/
会 期
2017年5月16日(火)~29日(月)
会 場
HCLフォトギャラリー名古屋
住 所
愛知県名古屋市中区錦1-11-20 大永ビルディング2階
時 間
9:00~18:00(土曜は17:00まで 最終日は13:00まで)
休館日
日曜・祝日
料 金
無料
問い合わせ
HCLフォトギャラリー名古屋(TEL 052-211-6151)
http://www.horiuchi-color.co.jp/photo-art/photo-gallery.html#nagoyaGallery