1. ホーム
  2. 書籍・ムック
  3. 最新デジタル一眼超入門 実践編

最新号紹介

CAPACAPA 6月号
ダイナミック!鉄道写真 梅雨のしっとり花風景 タッチモニターを使いこなせ 有安杏果インタビュー 【付録】ドローン撮影スタートガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 6月号
純正RAW現像ソフトの使い方 都市風景を撮る 中古カメラの賢い買い方&良い売り方 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

カメラムック - 別冊・書籍 -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジキャパ!特別編集

最新デジタル一眼超入門 実践編

2014年4月21日発売

誌面をチラ見!

風景・花・夜景・ポートレート・動物など、さまざまなシーンの撮り方を実践的に解説。プロ写真家が撮った写真の撮影工程を詳しく紹介し、誰でもプロのような1枚が撮れるように導きます!

  • デジキャパ!特別編集
  • AB判オールカラー98ページ
  • ISBN 978-4-05-610450-9
  • 定価 本体 990円(税別)

主な内容

第1章 被写体を的確に撮る

PART01 ピント合わせ 狙った位置にピントを合わせたい!

  • 〈測距点の選択〉測距点の任意選択を使って、手前をぼかして奥にピントを合わせる
  • 〈フォーカスロック〉全ての測距点が空に重なるので、フォーカスロックを使って撮影する
  • 〈MF〉深い被写界深度を利用して、MFでピントを固定して波が返すタイミングで捉える
  • 〈ライブビュー拡大表示+MF〉ライブビューの拡大表示を使って水滴の中に映り込んだ花を捉える
  • 〈コラム〉ピント合わせQ&A

PART02 ボケ描写 背景を大きくぼかしたい!

  • 〈絞りを開ける〉開放F値がF1.2の単焦点レンズを使って、圧倒的なボケ描写で被写体を際立たせる
  • 〈望遠レンズ〉白と緑にぼけた背景のグラデーションで爽やかな新緑風景を表現する
  • 〈背景を離す〉ボケを生かして平らな場所に置いた小物を撮るなら、斜め45度から狙う
  • 〈被写体に近づく〉マクロレンズで花に近づきつつ、背景に光の丸ボケを取り入れてきらめきを
  • 〈コラム〉前ボケの作り方/アングルのひと工夫

PART03 パンフォーカス描写 画面全体をシャープに見せたい!

  • 〈広角レンズ〉奥行きある風景の全景をシャープに写すには、ピントは手前から1/3の位置に合わせる
  • 〈絞りを絞る+スローシャッター〉絞り込んで全体をシャープに捉えつつ、スローシャッターで滑らかに流れを描く
  • 〈背景を近づける〉奥行きのないシーンでは、絞りを開けても容易にパンフォーカスが得られる
  • 〈面で捉える〉遠くの被写体を面で捉えれば、画面全体をしっかり見せられる

PART04 クローズアップ 被写体に近づいてアップで撮りたい!

  • 〈マクロレンズ〉背景にぼけた花の色みを加えるため、絞りでボケ具合を調整する
  • 〈マクロレンズ〉シダに付いている落ちそうな水滴を、輝きをプラスして撮影する
  • 〈クローズアップフィルター〉手持ちのレンズで手軽にマクロ撮影を楽しむ
  • 〈マクロコンバーター〉朝露の付いた葉を逆光で捉えつつ寄って、みずみずしさを表現する

PART05 夜間撮影 夜間&暗い場所で撮影したい!

  • 〈三脚+低感度〉三脚を立てて、しっかり構図を決めて、夜景撮影のベストタイムに狙う
  • 〈長秒露光〉長秒露光を利用して、車のライトを流して入れる
  • 〈黒幕〉窓越しに夜景を撮るときは、室内が写り込まないよう黒幕を
  • 〈手持ち+高感度〉薄暗く混み合った水族館では、高感度に設定して手持ちで撮影すればうまくいく
  • 〈フラッシュ〉内蔵フラッシュでのスローシンクロ撮影で、夜景も人物もきれいに写す
  • 〈絞り〉絞りを開けて前景のイルミに寄れば大きな前ボケが作れて画面が華やかになる
  • 〈絞り〉絞りを絞ってクリスマスツリーのイルミネーションを星形に描写
  • 〈バルブ〉シャッター速度をバルブに設定し、長秒露光で数発の花火を1枚に写し込む
  • 〈バルブ〉星の日周運動を捉えるには、しっかりした三脚を使って、バルブで数分露光する
第2章 イメージどおりに撮る

PART01 明るさ 写真の明るさを自由に変えたい!

  • 〈プラス補正〉オシャレな雰囲気にするために、明るい光や空気感を取り込む
  • 〈マイナス補正〉マイナス補正で画面を暗くして、スポットライト的に被写体を立たせる
  • 〈階調補正〉暗くて厳しい条件下では、階調補正を強めて黒つぶれを軽減する
  • 〈マニュアル露出〉室内で撮るペットのポートレート写真は、マニュアル露出で明るさを調整する
  • 〈露出ブラケット〉青空を背景にした桜は、補正なしか若干のマイナス補正が有効
  • 〈コラム〉露出補正、色ごとの補正量

PART02 色み 写真の色みを調整したい!

  • 〈自然な色再現〉現場の暖色系の光を再現するために、ホワイトバランス「晴天」にする
  • 〈赤み強調〉日の出の色みが浅くてイマイチのときは、WB「日陰」にして印象的に演出する
  • 〈青み強調〉トワイライトを印象的に演出するため、WB「蛍光灯」で青みを強調
  • 〈色温度設定〉新緑が青々とした色になるように色温度設定で4200Kにして少し青みを足す
  • 〈ホワイトバランス補正〉ホワイトバランス補正を使って、意図的にグリーンを足す
  • 〈コラム〉PLフィルターの活用術

PART03 描写 自分の好みの描写にしたい!

  • 〈仕上がり設定〉滝の階調を引き出すために「ニュートラル」にしてコントラストを低くする
  • 〈仕上がり設定・微調整〉たんぽぽの繊細な質感を表現するため、微調整機能を使ってやわらかな描写に
  • 〈フィルター機能〉爽やかな南国の海岸風景を、はやりの〝ゆるかわ〞写真にする
  • 〈多重露光〉2枚の写真を重ねて露光して、ふんわりと幻想的な夜景写真にする
第3章 動く被写体を撮る

PART01 止めて撮る 動く被写体を写し止めたい!

  • 〈高速シャッター〉晴天時は高速シャッター+ISOオートで、露出は気にせずにシャッターに集中
  • 〈絞り開放〉動くペットを室内で撮るときは、明るいレンズを使用して「A」モードに
  • 〈高感度〉肉眼では見えない世界を高感度+連写で雨粒を写し止める
  • 〈絞り開放+高感度〉星を止めて写すときは、感度を上げて絞り開放付近でシャッター速度をかせぐ
  • 〈コラム〉動いている被写体を捉える5つのポイント

PART02 ピント合わせ 動く被写体にきちんとピントを合わせたい!

  • 〈コンティニュアスAF+任意選択〉自転車で向かってくる子どもは、「任意選択」で顔の位置の測距点を選ぶ
  • 〈コンティニュアスAF+自動選択〉動きが予測しづらい被写体のときは、ピントはカメラ任せで構図に集中
  • 〈コンティニュアスAF+ダイナミックAF〉列車をアップで狙うなら、「AF-C」と「ダイナミックAF(9点)」の設定で決まり
  • 〈コンティニュアスAF+3D-トラッキング〉色情報を元にピントが追従してくれる「3D-トラッキング」は、複雑な動きでもOK
  • 〈置きピン〉水が流れ出すのを予測して、葉の先端にピントを合わせて待つ

PART03 動感表現 動く被写体の“動感”を表現したい!

  • 〈スローシャッター〉スローシャッターで波をぶらして、静けさに包まれた海を表現する
  • 〈低感度〉春風に揺れる桜をスローで流して動感演出する
  • 〈長秒露光〉予測がつかない光跡を長秒露光で流すと、面白い描写が生まれる
  • 〈流し撮り:カメラを振る〉イヌの流し撮りは、走らせる場所とイヌのスピードが重要になる
  • 〈流し撮り:撮影者が動く〉自分が動くことで周囲が流れて写り、躍動感やスピード感を表現できる
  • 〈流し撮り:撮影者が動く〉被写体の歩くスピードに合わせて、撮影者も歩きながら撮る
  • 〈NDフィルター〉NDフィルターを使うと減光できるので、明るい日中でもスローシャッターが切れる
第4章 構図を意識して撮る

PART01 構図パターン バランスのとれた写真にしたい!

  • 〈3分割法〉縦ラインに東京タワーを、横に水平線を配置して、夜景風景に広がりを持たせる
  • 〈日の丸構図〉1本桜の存在感を見せるために、周囲の空間を少なくして真ん中にドーンと配置
  • 〈対角線構図〉水槽を画面の対角線に配して、フレームを目いっぱい広く使う
  • 〈シンメトリー構図〉何げない日常の光景をシンメトリーで切り取り、印象的な画面に仕上げる
  • 〈曲線構図〉手前の枝も含めて全体を逆S字で捉え、広がりと奥行きを表現する
  • 〈4分割法〉水面への降雪の印象を強めるため、4分割法を使って脇役の枯れ木は画面の端へ

PART02 脱・単調 単調、平凡、つまらない写真から脱出したい!

  • 〈水平アングル〉花の高さまでしゃがんで撮影すれば、背景がすっきりして花が際立つ
  • 〈縦位置〉黄色とピンク色の華やかな画面にするため、縦位置にして余計な色みをカットする
  • 〈脇役〉主役のスカイツリーと脇役の水面反射をシンメトリーで捉えて描写意図を強調
  • 〈同系色〉主題と背景を同系色で合わせて、まとまりよく仕上げる

PART03 空間演出 プロの作品っぽく空間演出を取り入れたい!

  • 〈被写体の向き〉2輪のうち、花心の見えている花が向いている方向をあけて解放感を演出
  • 〈周囲の空間〉周囲の空間を広くとって、小さな花のかわいらしさを表現する
  • 〈色の対比〉緑の空間を利用して、赤いヒガンバナを引き立てる
  • 〈基本を崩す〉顔の向きとはあえて反対側に空間を作って、自然な雰囲気に仕上げる

PART04 記念撮影 記念写真をうまく撮りたい!

  • 〈プラス補正〉逆光で人物が暗く写ったら、露出補正で明るくする
  • 〈日中シンクロ〉人物が暗いときや顔に影ができたときは、昼間でも内蔵フラッシュを使う
  • カメラ用語解説

お近くの書店でお求めください。店頭にない場合は書店にてお取り寄せいただけます。