1. ホーム
  2. 書籍・ムック
  3. デジタルモノクロ撮影完全マスター

最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

カメラムック - 別冊・書籍 -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gakken Camera Mook

デジタルモノクロ撮影完全マスター

2014年10月2日発売

誌面をチラ見!

デジタルに時代なり、より気軽に作品づくりができるようになったモノクロ表現。本書では、モノクロ表現への取り組み方や撮影方法からレタッチ、印刷まで解説。ひととおりのテクニックがこの1冊でわかります。フィルムでモノクロ撮影をしていた方や、はじめてモノクロ撮影に挑戦する方にもおすすめです。

  • 谷口 泉・著
  • Gakken Camera Mook
  • A4変型判オールカラー116ページ
  • ISBN 978-4-05-610625-1
  • 定価 本体 2,000円(税別)

主な内容

  • はじめに
  • Gallery of monochrome world

Part1 モノクロ写真の魅力と「ファインフォト」

  • カラーにはないモノクロの魅力
  • モノクロではまず「ファインフォト」を目指そう
  • デジタルカメラでモノクロ写真を作る3つの方法
  • ファインフォトが完成するまでのフローを確認
  • 〈コラム〉 各社のデジタルモノクロフィルターを楽しむ

Part2 ファインフォトの基本となる「濃度」を知ろう

  • ファインフォトを作る最大のカギは濃度にあり
  • 露出補正で芯を出すように濃度調整する
  • 濃度調整に役立つヒストグラムの見方を知ろう
  • ヒストグラムを見ながら濃度を調整しよう
  • カラーフィルターを使って特定の色の濃度を調整する
  • 被写体のもつ色に着目してカラーフィルターをかけてみよう
  • 〈コラム〉 測光モードで濃度調整のしやすさが変わる!

Part3 質の高い写真は「調子」「粒状感」「調色」「シャープネス」がカギ

  • 「調子」「粒状感」「調色」「シャープネス」で表現を追求
  • 調子のコントロールとは、明暗差の具合を決めること
  • 最適な調子の具合はその場の光の質で変わる
  • デジタル時代の粒状感は「高感度ノイズ」がカギ
  • 作品のイメージに合わせてノイズの出方を調整しよう
  • 調色でモノクロ表現に色味をプラスする
  • 温黒調・冷黒調に適した撮影シーンを選ぼう
  • シャープネスで輪郭強調して質感をコントロール
  • 撮影シーンに合わせてシャープネスを調整しよう
  • 〈コラム〉 伝説の名作フィルムをデジタルで再現しよう

Part4 ファインフォトの実践編

  • 5つの要素を組み合わせてモノクロ表現を極めよう
  • 実践の手引き[入門編1] ハイキー表現で透明感、空気感を伝える
  • 実践の手引き[入門編2] ローキー表現で存在感、重厚感を伝える
  • 実践の手引き[輝き1] ギラギラした輝きは濃度を濃くしてメリハリをつける
  • 実践の手引き[輝き2] ほのかな輝きには軟調仕上げがよく似合う
  • 実践の手引き[輝き3] キラッと輝く反射光を硬調で印象深く決める
  • 実践の手引き[輝き4] しっとりとした光を濃度を薄くして表現する
  • 実践の手引き[陰影1] 夕暮れどきの雰囲気をセピア調の色味で表現
  • 実践の手引き[陰影2] 影の中にあるトーンをハイキーで表現する
  • 実践の手引き[陰影3] 印象的なフォルムをシルエット描写で際立てる
  • 実践の手引き[陰影4] おぼろげな陰影をしっとりと表現する
  • 実践の手引き[構成1] 近未来的な街のパターンをセレン調で表現
  • 実践の手引き[構成2] 橋脚が作るラインをモノクロで強調する
  • 実践の手引き[構成3] 水滴のリズムをシャープに仕立てる
  • 実践の手引き[構成4] 都市の構成をハイキーな透明感で再発見
  • 実践の手引き[質感1] 金属のテクスチャーはローキー&粗めの粒状感が◎
  • 実践の手引き[質感2] ゴツゴツした木肌の手触りは硬調で引き出す
  • 実践の手引き[質感3] 毛のふわりとした質感をハイキーで狙う
  • 実践の手引き[質感4] 儚いガラスの質感を粒状感で表現する
  • 〈コラム〉 フィルム VS デジタル モノクロ作品づくりの流れ

Part5 一歩進んだモノクロ表現に挑戦しよう

  • レタッチ編
  • レタッチソフトを使ってさらに作品を追求!
  • 1.カラー写真をモノクロ化する
  • 2.カラーフィルターで特定の色を狙った濃度に
  • 3.調色でモノクロ表現に変化をつける
  • 4.粒状感で全体に質感をつける
  • 5.全体の濃度と調子の基本的な調整をする
  • 6.部分補正で特定箇所を濃度調整
  • 7.お好みでシャープ感をつける
  • 〈+α〉 スポッティングやトリミングで完成度を高める
  • 〈コラム〉 DxO Film Packならあの名フィルムを再現できる
  • プリント編
  • 作品づくりに適したインクジェットプリンター選び
  • プリントの色味を正しく再現するテクニック
  • 紙編
  • 作品イメージに合わせて用紙の種類を使い分けよう
  • 作品の質を左右する用紙のグレードに着目しよう
  • 〈コラム〉 Silver Efex Pro ならモノクロ化も調整作業も簡単

Part6 メーカー&機種別 モノクロ表現のスペック一覧

  • 8メーカーのモノクロ機能を比較
  • ・キヤノン EOS 70D
  • ・ニコン D7100
  • ・ペンタックス K-3
  • ・オリンパス OM-D E-M10
  • ・富士フイルム X-T1
  • ・ソニー α6000
  • ・シグマ dp2 Quattro
  • ・ライカ M モノクローム

お近くの書店でお求めください。店頭にない場合は書店にてお取り寄せいただけます。