最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンEFレンズが累計生産本数1億2000万本を達成

2016.09.08 UP )

キヤノンのレンズ交換式カメラEOSシリーズ用交換レンズ「EFレンズ」が、2016年8月26日に累計生産本数1億2000万本を達成した。

EFレンズシリーズ
キヤノンEFレンズシリーズ

EFレンズ累計生産本数1億2,000万本達成記念シンボルマーク

EFレンズは、キヤノンのフィルム一眼レフカメラ「EOS」シリーズ用の交換レンズとして、1987年に誕生。2014年4月には、カメラ用交換レンズの累計生産本数において世界で初めて累計生産本数1億本を達成している。今回、本数が1億2000万本に達したことで、累計生産本数の世界最多記録を更新した。

EFレンズは2016年9月7日時点で、映像制作用のEFシネマレンズやミラーレス一眼カメラ用のEF-Mレンズを含めて合計97機種(エクステンダー2機種と海外モデル2機種を含む)をラインナップ。EFレンズ全体で、焦点距離8mmの超広角から超望遠800mmまでをカバーしている。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
1億2000万本目の生産となったのは「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」。フルサイズに対応する防塵防滴構造の超望遠ズームレンズだ。

EF24-105mm F4L IS II USM / EF16-35mm F2.8L III USM
こちらは、2016年10月発売予定の最新レンズ「EF24-105mm F4L IS II USM」(左)と「EF16-35mm F2.8L III USM」(右)。製品の詳細はこちら

なお、キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラは、2015年11月に累計生産台数8000万台を達成。世界市場において13年連続で台数シェアNo.1となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS