最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インクカートリッジ里帰りプロジェクトが日本野鳥の会を支援

2017.03.27 UP )

家庭用プリンターの使用済みインクカートリッジ回収活動「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を実施しているプリンターメーカー5社が、公益財団法人「日本野鳥の会」への寄付を開始する。

インクカートリッジ里帰りプロジェクト

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」は、家庭用インクジェットプリンターの使用済みインクカートリッジを回収し、再資源化までのリサイクル活動を推進する、ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HPの共同プロジェクト。全国の郵便局などに専用回収箱を設置し、5社の使用済み純正インクカートリッジを回収・リサイクルしている。インクカートリッジを一般ゴミとして捨てずに再資源化することがCO2を削減し、環境への負担を減らすことにつながる。

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」では、環境保護活動に取り組む機関への寄付も行っている。これまでも、寄付を通じて自然保護活動や東日本大震災からの復興活動を支援してきた。「日本野鳥の会」へは2017年4月1日より年間50万円の寄付を通じて、野鳥や自然を守る事業、野鳥や自然を大切に思う心を伝える事業を支援していく。

今後は、使用済みインクカートリッジの回収箱上で「日本野鳥の会」の活動内容がわかる特設サイトを紹介し、回収に協力すると特設サイトへアクセスできるような仕組みも検討しているそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS