最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンが14年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1に

2017.03.29 UP )

キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラが、世界市場において14年連続で台数シェアNo.1を達成した。

EOS 5D Mark IV
2017年4月発売予定の「EOS 9000D」

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「EOS Kiss Digital」を発売した2003年に初めて世界シェアNo.1を獲得。その後も、プロ向けの「EOS-1D」シリーズ、フルサイズセンサーを搭載した「EOS 5D」シリーズなどを発表してきた。

2016年は、ミドルクラス一眼レフ「EOS 80D」、プロ向け一眼レフのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」、フルサイズ一眼レフEOS 5Dシリーズ初の4K動画対応モデル「EOS 5D Mark IV」などを発売。2003年から2016年までの14年連続で、デジタル一眼レフカメラおよびミラーレス一眼カメラの世界市場において台数シェアNo.1を達成した*

* キヤノン調べ

現時点で最新のレンズ交換式デジタルカメラは、2016年11月に発売されたミラーレス一眼のフラッグシップモデル「EOS M5」。2017年4月には、エントリー一眼レフのハイスペックモデル「EOS 9000D」、ファミリー向けエントリー一眼レフ「EOS Kiss X9i」、小型ミラーレス一眼「EOS M6」が発売される予定だ。

なお、EOSシリーズ用の交換レンズ「EFレンズ」は、2016年8月に累計生産本数1億2000万本を達成。累計生産本数の世界最多記録を更新している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS