最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞製品それぞれにドラマがあった! 開発秘話も飛び出したカメラグランプリ2017贈呈式

2017.06.05 UP )

〈取材・文〉市井康延

カメラには1台ずつ、多くの物語が秘められている。今年もカメラグランプリ2017贈呈式で、開発者たちの喜びと熱い想いが語られた。

カメラグランプリ2017表彰式
2017年6月1日(木)に開催されたカメラグランプリ2017贈呈式にて。大賞をはじめとする三冠に輝いたオリンパス。

カメラグランプリ2017 大賞 / あなたが選ぶベストカメラ賞「オリンパス OM-D E-M1 Mark II」
カメラグランプリ2017 レンズ賞「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」

設計途中で一からやり直した

今回はオリンパスが3つの賞をさらい、会場にはオリンパス株式会社から約30名の社員が駆け付けた。同社の大賞受賞は7年前で、この3年間は次点で涙を飲み続けた。「今年も次点かとの声が社内では流れていた」という執行役員・半田正道さんの話が笑いを誘った。

OM-D E-M1 Mark II」の開発でAFを担当した画像システム開発本部・日暮正樹さんは他社製品と比較し、自社製品が弱い場面を徹底的に洗い出したという。「アルゴリズムの改善だけではダメだと気づき、設計が進んでいたセンサーやエンジンを一からやり直してもらった」と話す。

「5年先のプロダクトロードマップを作り取り組んできた」と話すのが取締役専務執行役員・小川治男さんだ。取り組み始めた矢先、会社を揺るがす事件が起きたが、一つ一つ若手スタッフが技術を構築してきた。その結果、6.5段手ブレ補正やハイレゾショットなどベテラン技術者では発想できない技術が生み出された。

カメラグランプリ2017表彰式
オリンパス株式会社 執行役員 映像事業ユニット ユニット長・半田正道さん(右)に大賞の賞状が贈呈された。

カメラグランプリ2017表彰式
レンズ賞の賞状を手にするオリンパス株式会社 映像開発本部 本部長・杉田幸彦さん(右)。

カメラグランプリ2017表彰式
あなたが選ぶベストカメラ賞はオリンパス株式会社 取締役専務執行役員 技術統括役員 兼 技術開発部門長・小川治男さん(右)へ。

カメラグランプリ2017 カメラ記者クラブ賞「ニコン D500」

実はD400も開発されていた

カメラ記者クラブ賞を得た「ニコン D500」は、先代のD300から6年8か月経っての発売となった。D400は開発したものの「目玉になる仕様がなく見送りになった」と株式会社ニコン 映像事業部 開発統括部 第一設計部・村上直之部長は明かす。D500はD5と並行開発したことで、ニコンの持てる技術をすべて入れ込むことができた。

カメラグランプリ2017表彰式
株式会社ニコン 映像事業部 マーケティング統括部 第一マーケティング部部長・北岡直樹さん(右)。

カメラグランプリ2017 カメラ記者クラブ賞「富士フイルム GFX 50S」

開発当初は約3倍のサイズだった

手持ちで撮れる中判カメラを目指した富士フイルムだが、「GFX 50S」のチルトアダプターは “ウエストレベルで撮りたい” という米国人写真家の要望から企画されたという。「当初は約3倍のサイズと文鎮のような重量があったが、半年間、毎日設計部門に通い詰めて軽量化を進めた」と富士フイルム株式会社 光学電子映像事業部・大石誠マネージャーは話す。

今も開発の現場では技術革新が進められているのだ。

カメラグランプリ2017表彰式
富士フイルム株式会社 光学電子映像事業部 事業部長・飯田年久さん(右)。

オリジナルマスキングテープをプレゼント!

カメラグランプリのマークをあしらったオリジナルマスキングテープを抽選で3名様にプレゼント! カメラグランプリ2017贈呈式の開催を記念して製作されたレアな非売品です。

カメラグランプリ・オリジナルマスキングテープ

プレゼントの募集は終了しました。

【応募締切】2017年7月2日(日)

プレゼント応募要項(募集は終了しました)

  • 応募方法
    どなたでもご応募いただけます。「応募する」ボタンをクリックして必要事項をご入力ください。
  • 抽選・発表
    編集部で厳正な抽選のうえ、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。
  • 賞品の発送
    締切日の翌月末日までに、当選された方のご登録住所へお送りいたします。発送が遅れる場合もありますので、ご了承ください。
  • お客様の個人情報について
    ご応募の際にご入力いただいたお客様の個人情報は、賞品の発送のほか、弊社の記事企画の参考および出版物・撮影会などのご案内などに使用させていただく場合があります。案内を希望されない場合は、応募フォームの「案内を希望しない」をお選びください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS