最新号紹介

CAPACAPA 12月号
【特集】カメラ・レンズ買い換え大作戦 【付録】撮影用品ベスト100セレクション 冬を楽しみ尽くす絶景撮影地 ソニー 7R III LUMIX G9詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 12月号
星と月の撮影術 星・月&星景撮影 Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100周年記念モデルが発表された「ジッツオ100周年記念イベント」を写真でレポート

2017.09.29 UP )

〈写真・文〉柴田 誠

2017年9月28日(木)、東京・白金の八芳園でジッツオ100周年記念イベントと発表会が開催された。イベントの様子と、会場で発表された100周年記念モデル等の新製品をレポートしよう。

ジッツオ100周年
ジッツオ100周年記念イベントの会場は、東京・白金にある八芳園。新製品の発表が行われるのは珍しい。八芳園の名前は、庭園が四方八方どこを見ても美しいことに由来するとか。

ジッツオ100周年
発表会が行われた八芳園・白鳳館。ジッツオ100周年記念イベントとして、一般ユーザーが発表会を傍聴。一般の参加者はジッツオ創業年にちなんだ1,917円の参加費を支払い、発表会後に行われた新製品のタッチ&トライと写真家 鈴木光雄氏のフォトセミナーやプレゼント抽選会に参加できた。

ジッツオ100周年
Vitecグループのフォトグラフィックディビジョン総責任者をつとめるマルコ・ペッツァーナ氏が登壇し、新たなジッツオのブランド戦略を紹介した。

ジッツオ100周年
今回発表されたのは、トラベラー三脚アニバーサリー・エディション、ジッツオ初のカメラバッグ3モデル、そしてフルードジンバル雲台(近日正式発表予定)。

ジッツオ100周年
100周年トラベラー三脚キット アニバーサリー・エディションは、「GT1545T-82TQD」をベースにした特別仕様。全世界1917本限定で、脚部にシリアルナンバーが刻印される。価格は199,800円(税込)で、日本国内では2017年10月19日発売。

ジッツオ100周年
「フルードジンバル雲台」は年内に正式発表の予定で来春発売予定だが、会場では一足早く展示された。

ジッツオ100周年
センチュリーカメラバッグ(中・右)はイタリアンレザーをあしらい、ジッツオのカーボンを連想させるデザイン。左は三脚バッグGC2202T。トラベラー三脚アニバーサリー・エディションを購入した本日の一般来場者限定でプレゼントされることが発表された。

  • ジッツオ100周年
  • ジッツオ100周年

100周年トラベラー三脚キット アニバーサリー・エディション。三脚ボディと脚の付け根部マグネシウムを採用することで、通常モデルより100g軽い1.35kgとなっている。

ジッツオ100周年
このモデル専用に設計された三脚本体と開脚角度セレクターにより操作性が向上。また開脚角度が最大82°、最低高23.5cmになった(通常モデルは開脚角度70°、最低高32cm)。

ジッツオ100周年
100周年記念ロゴが刻まれた付属のショルダーパッド。ストラップ、ショルダーパッドはカーボンファイバー風のイタリアンレザーを使用する。

ジッツオ100周年
ジッツオ初となるセンチュリー カメラバッグ3モデル。一部にイタリアンレザーを採用し、上部や側面には撥水加工を施したナイロン素材を使用する。

ジッツオ100周年
バッグ前面に三脚の取り付けが可能なトラベラーカメラバックパックGCB100BP。側面からカメラを取り出すことができ、カメラ収納ケースは取り外し可能。税込価格は43,200円。

ジッツオ100周年
トラベラーメッセンジャーバッグは、Mサイズ「GCB100MM」(右手前/税込 32,400円)とSサイズ「GCB100MS」(左奥/税込 27,000円)の2サイズ。トップジッパーを備え、マグネット式のGロックフラップを採用する。Mサイズは、下部のポケットに0型と1型の三脚を取り付け可能。

ジッツオ100周年
こちらもジッツオ初となるジンバル雲台。ビデオ雲台等で使用されている油圧による滑らかな動きとジンバル雲台の長所を併せ持つ。近日正式発表予定。価格未定。

ジッツオ100周年
ブランド戦略の一環として、11名のジッツオ・アンバサダーを紹介。InstagramやFacebookなどのSNSを通じて、アンバサダーが撮影した作品のバックステージを公開していくという。日本人では100周年記念イベントでフォトセミナーを行った鈴木光雄氏が選ばれている。

ジッツオ100周年
先日、Vitecグループが買収を発表したLoweproとJOBYのロゴも並んでいた。

ジッツオ100周年
発表会に先立って、Vitecグループとソニーとの協業が発表された。プロフェッショナルをターゲットにしたマンフロット、ジッツオの三脚、プレート、ビデオヘッドなど、ソニー製カメラに対応した製品を2018年から順次発表していくという。写真は左から新井啓之氏(マンフロット株式会社)、田中健二氏(ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社)、マルコ・ヴィダリ氏(Manfrotto Distribution US)。

ジッツオ100周年
ジッツオ・アンバサダーの一人、鈴木光雄氏によるフォトセミナー。平日にもかかわらず、チケットは完売ということで、熱心なファンが鈴木氏の話に耳を傾けていた。

ジッツオ100周年
フォトセミナー後半には、ステージ上にセットを組んでのポートレート撮影デモが行われた。

ジッツオ100周年
ジッツオ100周年記念イベントの参加者に贈られたトートバッグと2冊のブックレット。白は100周年トラベラー三脚キット アルセーヌ・ジッツォーヴェン・エディション(全世界100台限定、売約済み)を紹介するもの、黒は今回発表された100周年トラベラー三脚キット アニバーサリー・エディション(1917台限定)を紹介するもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS