最新号紹介

CAPACAPA 12月号
【特集】カメラ・レンズ買い換え大作戦 【付録】撮影用品ベスト100セレクション 冬を楽しみ尽くす絶景撮影地 ソニー 7R III LUMIX G9詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 12月号
星と月の撮影術 星・月&星景撮影 Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンEOSシリーズが累計9000万台、EFレンズが累計1億3000万本の生産数を達成

2017.10.17 UP )

キヤノンのレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズのフィルムカメラとデジタルカメラを合わせた累計生産台数が、2017年9月20日にに9000万台を達成。EOSシリーズ用交換レンズ「EFレンズ」は、2017年10月12日に累計生産本数1億3000万本を達成した。

EOSシリーズ9000万台/EFレンズが1億3000万本

1987年3月、世界初の完全電子マウント方式を採用した銀塩方式のAF一眼レフカメラ「EOS」シリーズと、交換レンズ「EFレンズ」が誕生した。2017年は誕生30周年の節目でもある。

EOS 650
EOSシリーズの初号機は、フィルム一眼レフカメラの「EOS 650」。

  • EOS-1
  • EOS Kiss Digital

1989年に発売されたプロ向けのフラッグシップ機「EOS-1」(左)と、2003年に発売されたエントリーユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital」(右)。

EOS 650
35mm一眼レフカメラ用交換レンズとして、世界で初めて手ブレ補正機構を搭載した「EF75-300mm F4-5.6 IS USM」。1995年に発売された。

EFレンズ
EFレンズは現在、93本*をラインナップ。レンズ全体で焦点距離8mmから800mmをカバーする。

* エクステンダー2本、海外モデル2本、EFシネマレンズ14本を含む。2017年10月17日現在。

EOSシリーズの最新機種は、2017年10月5日に発売されたミラーレスカメラの「EOS M100」。EFレンズは、2017年11月下旬に「EF85mm F1.4L IS USM」、2017年12月下旬に「TS-E50mm F2.8L マクロ」「TS-E90mm F2.8L マクロ」「TS-E135mm F4L マクロ」の発売を予定している。

キヤノンTS-Eレンズシリーズ
アオリ撮影が可能なTS-Eレンズは、26年ぶりにリニューアル。ラインナップを拡充してマクロ撮影にも対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS