最新号紹介

CAPACAPA 12月号
【特集】カメラ・レンズ買い換え大作戦 【付録】撮影用品ベスト100セレクション 冬を楽しみ尽くす絶景撮影地 ソニー 7R III LUMIX G9詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 12月号
星と月の撮影術 星・月&星景撮影 Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「天野尚 NATURE AQUARIUM展」開幕! 水景の中に現実を超える美の世界を見た

2017.11.08 UP )

〈写真・文〉市井康延

大型カメラで大自然を精細に写し込み、水槽の中で自然の生態系を創り上げる。世界的水景クリエーターの世界を紹介する日本初の大規模展覧会「天野尚 NATURE AQUARIUM展」が、東京ドームシティ ギャラリー アーモで開催中だ。天野氏が創り出したプリント、水景の中には、現実を超えた美の世界が出現している。

天野尚 NATURE AQUARIUM展

天野尚 NATURE AQUARIUM展

天野尚(あまの たかし/1954〜2015年)氏は世界各地の大自然や水中写真を撮影。その後、自らがイメージした自然の生態系を再現する水草水槽(ネイチャーアクアリウム)を手がけ、その光景を撮影した水景写真も制作していった。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
撮影機材は大判カメラがメインで、4×5判、5×7判、6×6判、8×10判、11×14判、8×20判を使い分けた。屋外の撮影は3〜4人のアシスタントが同行したという。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
8×20判のリバーサルフィルムは天野氏の依頼で富士フイルムが特別に生産したもので、フィルムホルダーからすべて特注品だ。水景を作り上げる水槽も既製品には飽き足らず、気に入ったサイズのものをオーダーしていたそうだ。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
この写真を会場で一見したとき、実際の木とプリントを組み合わせた展示だと思い込んだ。それほど枝が立体感を持って迫ってきた。新潟県佐渡市にある巨木、金剛杉。撮影は2007年5月中旬。プロビア100/8×20判。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
大判カメラで撮影された水景写真。風景撮影では3〜4人のスタッフで動いていたが、水景撮影ではそれより多い5〜8人がサポートしたという。淡水魚は同じ場所を回遊する習性があり、それをスタッフが影を作るなどして、天野氏がイメージした位置に誘導するのだ。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
水景作品はイメージに合った水草を選び、配置していく。巨大な水槽であっても作業はすべてピンセットで行なう。水草がその土に馴染み、成長とトリミング(剪定)を繰り返して完成となる。制作期間は平均2〜3か月で、長いものは年単位だ。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
この巨大ネイチャー水槽ウォールは幅1.8m、高さ2.7mの水槽を3つ並べた大作だ。天野氏は晩年、陸上と水中の生態系が交わる水辺の表現に力を注いでたという。なお天野氏が手がけた世界最大のネイチャーアクアリウムはリスボン海洋水族館にある全長40mの「水中の森」で、その模様は会場内の60インチ12面マルチディスプレイで上映されている。

天野尚 NATURE AQUARIUM展
会場内では天野氏のプリント作品や写真集、水景用品などの販売もある。写真家・天野尚を語るスペシャルトークショーなど、特別イベントも行われる。

天野尚 NATURE AQUARIUM展

会 期
2017年11月8日(水)〜2018年1月14日(日)
時 間
12:00〜17:00(土・日・祝日は10:00から 入館は閉館30分前まで)
<年末年始の営業時間>
12月30日(土)〜1月1日(祝)12:00〜17:00
1月2日(火)〜3日(水)10:00~17:00
会 場
Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
住 所
東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い
休館日
会期中無休
入場料
一般1,300円 大学・高校生1,100円 中学生以下800円(いずれも税込)
イベント
<ネイチャーアクアリウムビギナーズワークショップ>
■流木編 2017年11月25日(土)18:30~20:00
■石組編 2017年12月16日(土)18:30~20:00
講師:本間裕介(ADA水景クリエイター)
<トークショー>
■写真家 天野尚
2017年11月18日(土)18:30~20:00
出演:タナカカツキ(マンガ家)、池田晶紀(写真家)、大岩剛(ADA専務取締役)
■世界ランカーが語る、水草レイアウトの世界
2017年12月9日(土)18:30~20:00
出演:深田崇敬(グラフィックデザイナー、水景演出家)、タナカカツキ(マンガ家)
<参加方法>
各イベントとも、各日先着50名、参加費2,000円(税込)。チケットは、チケットぴあ、ギャラリー内チケットカウンターにて販売。
物 販
プリント作品、写真集、グッズ、水景用品など。物販コーナーは展覧会チケットなしで利用可。
主 催
株式会社東京ドーム、株式会社ドリームスタジオ
問い合わせ
東京ドームシティ わくわくダイヤル
TEL 03-5800-9999(10:00~17:00)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS