最新号紹介

CAPACAPA 1月号
2018 風景カレンダー 2018 撮るべき絶景61 ニコンD850 vs ソニーα7RIII デジタル版パンフォーカス撮影術 冬景色にも効くPL活用法詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲッティイメージズ「Year in Focus 2017」でAIが選んだ今年の1枚を発表

2017.12.21 UP )

〈撮影・文〉市井康延

ゲッティイメージズは毎年、その年に撮影された写真からセレクトした写真集「Year in Focus」を制作している。同社が選ぶ最優秀作品がその表紙を飾るが、今年はNTTデータが開発したAIプログラムが選んだ1枚も発表した。

ゲッティイメージズ
左は島本久美子さん(ゲッティイメージズ ヴァイスプレジデント兼ゲッティイメージズ ジャパン株式会社 代表取締役)、右はカール・コートさん(ゲッティイメージズ 所属フォトグラファー)。向かって左の作品がゲッティイメージズが選んだ今年の1枚、右はAIが選んだ今年の1枚。

ゲッティイメージズ
同社は世界20か所に拠点を置き、各地の事件、事故、イベントなどを撮影し、全世界に配信する。2017年の取材は約16万件に上り、同社のデスクが153点を選んだ。「Year in Focus 2017 Gallery」にはそこから38点を展示。2017年12月21日(木)のみの限定開催となる。会場はライトボックススタジオ青山1F(東京都港区南青山5-16-7)。10時~18時(最終受付は17時半)。

ゲッティイメージズ
株式会社NTTデータは動画を対象に内容を解読する「ニューロAIソリューション」を開発中だ。今回はそれを写真に応用した。基礎データは被験者に動画を見せた際の脳活動をMRIで計測したものと、映像の印象をテキストデータで入力したもので構成される。「将来的にはマーケティング、コミュニケーションでこの技術を活用し、より豊かな社会づくりに貢献していく」と同社・矢野亮さん(テレコム・ユーティリティ事業本部 ビジネス企画室 課長 ニューロビジネスリーダー)は話す。

■AIが選んだ今年の1枚
ゲッティイメージズ
©687803706, Chris McGrath / Getty Images
2017年5月24日、イタリアの沖合で500人以上の難民を乗せた船が転覆した。救助船に向かって難民が泳いでいる。ポジティブワードとネガティブワードのどちらもが多く含まれつつ、ポジティブさが勝った1枚」という。撮影者はChris McGrath。

■ゲッティイメージズが選んだ今年の1枚
ゲッティイメージズ
©668659504, Christopher Polk / Getty Images for Coachella
ライブステージを撮影した1枚で、奥のライトが上る朝日のように見える。「カメラマンからのメッセージが伝わる強い1枚」とカール・コートさんは指摘し、「5年、10年後に見ても変わらぬインパクト持つ、時代を超える写真になる」と島本さんは評価した。2017年4月17日、コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2017の初日。撮影者はChristopher Polk。

ゲッティイメージズ
日本で新聞は宅配されるものだが、海外では買いに行く人が多い。一面の見出し、写真で売れ行きが変わる。「求められていることが違うので、日本と海外ではフォトグラファーの撮り方が違う」と島本さん。海外はインパクトを重視し、日本はその場の事実を記録しようとする。2018年は平昌オリンピック、ロシアでのFIFAワールドカップという2つの大きなスポーツ大会が控えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS