最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット ニュースフラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギャラリー/写真展

キヤノンプラザ大阪で5/29よりオープン記念企画がスタート

この写真の記事

キヤノンの新しいコミュニケーションスペース「キヤノンプラザ大阪」がオープンする2017年5月29日(月)より、施設内の「キヤノンデジタルハウス大阪」や「キヤノンギャラリー大阪」でオープン記念企画が開催される。

2017.05.23 UP )

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」5/14まで京都市内各所で開催中

この写真の記事

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が始まった。2017年のテーマは「LOVE」。

2017.04.24 UP )

日本レース写真家協会写真展『COMPETITION』が全国のキヤノンギャラリーを “転戦”

この写真の記事

国内のスーパーGT、スーパーフォーミュラ、鈴鹿8耐などにとどまらず、F1グランプリやMoto GP、WRC、インディカーなどのさまざまモータースポーツシーンを撮り続けているプロフェッショナル・フォトグラファー団体・日本レース写真家協会(JRPA)の巡回写真展『COMPETITION』が、2017年1月26日(木)キヤノンギャラリー銀座からスタートした。

2017.02.03 UP )

京都で富士フイルムXシリーズを徹底的に楽しむ2日間!

この写真の記事

2017年1月21(土)〜22(日)の2日間にわたり、京都市内の3つのギャラリーで富士フイルムXシリーズのイベント「FUJIKINA 2017 京都」が開催される。

2016.12.21 UP )

自分はどこの誰なのか? 存在を確かめるための物語を紡いだ金サジさんが写真新世紀2016グランプリを受賞

この写真の記事

キヤノン「写真新世紀2016年度(第39回公募)」の公開審査会が2016年11月11日(金)に開かれ、グランプリには『物語』を出品した金(キム)サジさんが選ばれた。金さんは来年秋に開催予定の「写真新世紀 東京展2017」で、新作個展を開催することになる。

2016.11.17 UP )

いま注目の銀座プレイスに移転したソニーイメージングギャラリー銀座へ行ってきた!

銀座ソニービルのリニューアルに伴い、ソニーショールーム/ソニーストア銀座とソニーイメージングギャラリー銀座が、銀座4丁目交差点に新しくできた「GINZA PLACE(銀座プレイス)」ビルに移転し、2016年9月24日(土)にオープン。ソニーイメージングギャラリー銀座で、9月27日(火)にオープニングレセプションが開催された。

2016.09.28 UP )

良い写真とは何か? ワークショップ「PHOTO STADIUM」写真高校生たちの熱戦レポート

駅前商店街のアーケードに特大の布プリント写真が飾られるイベント「倉敷フォトミュラルf」。その付帯事業として8月の夏休み期間中に開催される、高校写真部による「PHOTO STADIUM」も10年目を迎えた。

2016.09.14 UP )

丸の内にパナソニックの常設ギャラリーがオープン! プレゼントキャンペーンも実施

パナソニックが、東京・丸の内に常設フォトギャラリー「LUMIX CLUB PicMate PHOTO GALLERY」をオープンした。それを記念して、抽選でパナソニック製品が当たるオープン記念キャンペーンも実施する。

2016.08.05 UP )

写真家13人の写真展と全国14会場のセミナーで、キヤノン EOS 5Dシリーズの魅力を体感!

2016年に誕生11周年を迎えるキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」シリーズ。その集大成ともいえる大規模な写真展とスペシャルセミナー「FIVEGRAPHY(ファイブグラフィー)」の開催が決定した。

2016.08.03 UP )

懐かしいデザインが目白押しのニコンミュージアム「亀倉雄策と歩む」展

ニコンが運営する「ニコンミュージアム」で、2016年7月4日(月)より企画展「亀倉雄策と歩む」が開催される。入館料・観覧料とも無料。

2016.06.23 UP )

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS