1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉2017年度 第15回JPA公募展

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉2017年度 第15回JPA公募展

概要
日本写真作家協会が、会員による「JPA展」と同時に開催する公募展。東京都美術館を皮切りに、全国5会場にて巡回展示する。優秀作品には、大賞50万円など賞金も進呈する。今回、加工作品を募集する創作写真部門が新設された。
テーマ
a.自由
b.日本の災害と復興
c.創作写真(本人撮影の加工作品で所有権を有するもの)
募集締切
2017年4月30日(日)消印有効
●JPA大賞(1点)賞金50万円、賞状、副賞
●金賞(1点)賞金10万円、賞状、副賞
●銀賞(2点)賞金5万円、賞状、副賞
●銅賞(3点)賞金2万円、賞状、副賞
●優秀賞(15点程度)賞状、副賞
●奨励賞(20点程度)賞状、副賞
●入選(200点程度)賞状、副賞
※そのほか文部科学大臣賞、大阪府知事賞、鳥取県知事賞、岡山県知事賞、宮城県知事賞、仙台市長賞、仙台市教育委員会教育長賞、特別賞を予定。
応募資格
●プロ・アマチュア、年齢、性別、国籍不問。
●日本写真作家協会会員は応募不可。
応募形態
●四つ切(大およびワイド不可)またはA4サイズのプリントに限る。
●組写真不可。
応募規定
●1人何点でも応募可。
●著作権、肖像権、版権に抵触しない作品に限る。
●他コンテスト等で入賞・入選した作品の応募可。
応募方法
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付のうえ、出品目録を添付して下記応募先へ送付する。応募票と出品目録はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。
応募料
1点につき2,000円。22歳未満(1995年以降生まれ)は1点につき1,000円。締切日までに郵便振替で指定口座へ送金する。
審査員
津田一郎(日本写真作家協会会長)、藤森邦晃(『フォトコン』編集長)、師岡清高(日本写真作家協会顧問)、竹上正明(日本写真作家協会会員)、芳賀健二(日本写真作家協会会員)、菅家令子(日本写真作家協会会員)
発表
2017年7月下旬以降に入賞者へ直接通知。
会場
東京都美術館(東京都)、大阪市立美術館(大阪府)、米子市美術館(鳥取県)、天神山文化プラザ(岡山県)、せんだいメディアテーク(宮城県)
備考
入賞・入選作品は「第28回JPA展/第15回公募展」にて展示する。プリント、マット加工等の費用として出展料20,000円が別途必要。
主催
一般社団法人 日本写真作家協会
応募先・
問い合わせ
〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-3-3F
日本写真作家協会「公募展」係
TEL 03-3535-6251(10:00〜16:00/土・日・祝日を除く)
FAX 03-3535-6250
URL
https://www.jpa-photo.jp/jpa公募展/2017年度公募展募集要項/

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。