1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2017

最新号紹介

CAPACAPA 6月号
ダイナミック!鉄道写真 梅雨のしっとり花風景 タッチモニターを使いこなせ 有安杏果インタビュー 【付録】ドローン撮影スタートガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 6月号
純正RAW現像ソフトの使い方 都市風景を撮る 中古カメラの賢い買い方&良い売り方 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2017

概要
富士フイルムが、2016年7月より全国35会場で順次開催する参加型写真展。応募者全員の作品を、いずれかの会場に必ず展示する。今回は募集作品数を5万点に拡大し、「なつかしいあの頃」部門と「水でくらすいきもの」部門が新設された。「水でくらすいきもの」部門と「あの人に伝えたいフォトレター」部門はスマートフォンから直接応募可能。
部門・
テーマ
<一般展示部門>
自由
<「なつかしいあの頃」部門>
ふるさとの風景や昔熱中していたものなど、懐かしいと思う写真
<「鉄道のある風景」部門>
風景の中の鉄道、列車内での楽しい思い出など、鉄道にちなんだ作品
<「水でくらすいきもの」部門>
水族館や海や川などにくらすいきもの、そのいきもの達と一緒に写る子どもや家族の写真
<「あの人に伝えたいフォトレター」部門>
「LOVE」「おやこをつなぐフォトレター」
大切な人や子どもへのメッセージを添えたスマホ写真
募集締切
2017年5月20日(土)消印有効
応募資格
不問
応募形態
<一般展示部門/「なつかしいあの頃」部門/「鉄道のある風景」部門>
●お店プリントの「大伸ばしプリント」「シャッフルプリント」「チェキプリント」または印画紙への手焼きに限る。ホームプリント不可。
●「大伸ばしプリント」の場合、縦位置作品は六つ切のみ、横位置作品は六つ切(ワイド可)、四つ切(ワイド可)、A4サイズのいずれかとする。
●「シャッフルプリント」は六つ切(ワイド可)、四つ切(ワイド可)、A4サイズのいずれかとする。
●「チェキプリント」は、instax miniフィルムまたはinstax WIDEフィルムからのプリントに限る。マスキングテープやシールなどによるデコレーション、ペイント可。ただし、チェキプリント以外の写真や立体物の貼り付け、色移りの可能性がある塗料の使用は不可。
●台紙は横位置で使用すること。
●「なつかしいあの頃」部門はオリジナルの複製で応募すること。
<「水でくらすいきもの」部門/「あの人に伝えたいフォトレター」部門>
スマートフォンで撮影した画像データに限る。
※応募データは、主催者がA4サイズのテンプレートにプリントして展示。応募者も2Lサイズのプリントを送付する。
応募規定
●1人につき各部門1会場1点まで。同じ会場の複数部門への応募、同じ部門の複数会場への応募は可。複数部門・複数会場へ応募する場合は、希望数分の専用台紙が必要。
●応募作品の返却可。取扱店にて直接引き取るか、宅配にて返却(宅配の場合は要返送料)。
応募方法
<一般展示部門/「なつかしいあの頃」部門/「鉄道のある風景」部門>
必要事項を明記した専用台紙(1枚 税別476円)に作品を貼付し、下記応募先へ送付するかフジカラー取扱店へ持参する。専用台紙は、ポスター・チラシを掲出しているフジカラー取扱店かWebサイト(フジフイルムモールまたは写真展専用注文サイト)より購入可。
<「水でくらすいきもの」部門/「あの人に伝えたいフォトレター」部門>
オフィシャルサイトの応募フォームに必要事項を入力のうえ、作品データを送信する。応募料476円(税別)が必要。応募時にクレジット決済またはキャリア決済にて支払う。
特別企画
<一般展示部門・「なつかしいあの頃」部門> 心に響いた100選
一般展示部門と「なつかしいあの頃」部門の応募作品から審査員が合計100作品を選出。選出作品を全国29会場に特別展示する。選出作品の応募者には、選出100作品を収録し、自身の応募作品が表紙になった「スペシャルフォトブック2017」を進呈。
<「鉄道のある風景」部門> 心に響いた30選
「鉄道のある風景」部門の応募作品から鉄道写真家の中井精也さんが20作品を選出。選出作品をメイン7会場と3大鉄道博物館会場に特別展示する。選出作品の応募者には、選出20作品を収録した「スペシャルフォトブック」を進呈。
<「水でくらすいきもの」部門> 心に響いた20選
「水でくらすいきもの」部門の応募作品からすみだ水族館、名古屋港水族館、京都水族館が30作品を選出。選出作品を水族館3館に特別展示する。選出作品の応募者には、作品を選出した水族館の年間パスポートと、選出30作品を収録した「スペシャルフォトブック」を進呈。
<絆ポスト>
来場者から出展者へのメッセージを投函できる「絆ポスト」を各会場に設置。
審査員
<一般展示部門/「なつかしいあの頃」部門>
小山薫堂(放送作家/脚本家)、小籔千豊(芸人/吉本新喜劇)、佐野史郎(俳優)、野口 健(アルピニスト)、広瀬すず(女優)、松任谷正隆(音楽プロデューサー)、織作峰子(写真家)、鶴巻育子(写真家)、元田敬三(写真家)、森井禎紹(写真家)
<「鉄道のある風景」部門>
中井精也(鉄道写真家)
<「水でくらすいきもの」部門>
すみだ水族館、名古屋港水族館、京都水族館
会期・会場
●メイン会場(一般展示部門/「なつかしいあの頃」部門/「鉄道のある風景」部門/「あの人に伝えたいフォトレター」部門)
東京会場  2017年7月14日(金)~19日(水)フジフイルムスクエア、東京ミッドタウン
札幌会場  2017年9月1日(金)~3日(日)JRタワー、JR札幌駅
仙台会場  2017年8月18日(金)〜20日(日)仙台駅周辺
名古屋会場 2017年8月25日(金)~27日(日)LACHIC
大阪会場  2017年8月4日(金)~6日(日)グランフロント大阪
広島会場  2017年9月22日(金)~24日(日)紙屋町シャレオ
福岡会場  2017年9月8日(金)~10日(日)ソラリアプラザ・イムズ
●サテライト会場(一般展示部門/「なつかしいあの頃」部門)
旭川会場  2017年7月28日(金)~30日(日)アッシュ
函館会場  2017年9月15日(金)~17日(日)五稜郭タワー
秋田会場  2017年11月3日(金)~5日(日)秋田市にぎわい交流館AU
盛岡会場  2017年7月21日(金)~23日(日)イオンモール盛岡
新潟会場  2017年10月20日(金)~22日(日)イオンモール新潟南
石川会場  2017年10月13日(金)~15日(日)アピタ金沢
長野会場  2017年9月29日(金)~10月1日(日)MIDORI長野
水戸会場  2017年9月1日(金)~3日(日)イオンモール水戸内原
横浜会場  2017年10月6日(金)~8日(日)ランドマークプラザ
甲府会場  2017年8月19日(土)~20日(日)アイメッセ山梨
静岡会場  2017年10月27日(金)~29日(日)日清プラザ
三重会場  2017年7月28日(金)~30日(日)イオンモール鈴鹿
奈良会場  2017年9月22日(金)~24日(日)イオンモール大和郡山
和歌山会場 2017年11月10日(金)~12日(日)イオンモール和歌山
松江会場  2017年10月27日(金)~29日(日)イオン松江ショッピングセンター
岡山会場  2017年9月1日(金)~3日(日)イオンモール倉敷
愛媛会場  2017年10月6日(金)~8日(日)エミフルMASAKI
山口会場  2017年9月8日(金)~10日(日)おのだサンパーク
長崎会場  2017年11月10日(金)~12日(日)みらい長崎ココウォーク
熊本会場  2017年10月20日(金)~22日(日)イオンモール熊本
宮崎会場  2017年10月13日(金)~15日(日)宮交シティ
沖縄会場  2017年9月29日(金)~10月1日(日)宜野湾コンベンションセンター
●3大鉄道博物館会場(「鉄道のある風景」部門)
大宮会場  2017年7月22日(土)~30日(日)鉄道博物館
名古屋会場 2017年8月19日(土)~27日(日)リニア・鉄道館
京都会場  2017年10月28日(土)~11月5日(日)京都鉄道博物館
●水族館会場(「水でくらすいきもの」部門)
東京会場  2017年7月22日(土)~30日(日)すみだ水族館
名古屋会場 2017年8月19日(土)~27日(日)名古屋港水族館
京都会場  2017年10月28日(土)~11月5日(日)京都水族館
主催
富士フイルム株式会社
応募先
〒338-0836 埼玉県さいたま市桜区町谷1-4-1
富士フイルム“PHOTO IS”事務局
問い合わせ先
富士フイルム“PHOTO IS”事務局
TEL 03-6417-3766(9:00〜13:00・14:00〜17:00/土・日・祝日を除く)
URL
http://photo-is.jp/

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。