1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 生きもの写真リトルリーグ 2017

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きもの写真リトルリーグ 2017

概要
自然や生きものに興味を持つ全国の小中学生を対象とした写真コンテスト。「生きもの」をテーマに作品を募集し、全国7地区の各地区賞受賞者を「生きものサミット」に招待する。今回の「生きものサミット」は、2017年8月19日(土)に長野県・小諸高原美術館で開催。同日に審査員による選考会も実施し、最優秀作品賞、優秀作品賞、小諸高原美術館賞を決定する。
テーマ
生きもの
※植物、きのこなどを含む。人物は含まない。
募集締切
2017年7月10日(月)消印有効
●最優秀作品賞(1名)パナソニック LUMIX ミラーレス一眼カメラ
●優秀作品賞(6名)パナソニック LUMIX プレミアムコンパクトカメラ
●小諸市長賞(1名)パナソニック LUMIX プレミアムコンパクトカメラ
●小諸高原美術館賞(1名)図鑑
●奨励賞(7名)図鑑
※各地方区の代表親子2名を「生きものサミット」へ招待。
応募資格
小学生、中学生
応募形態
●画像データに限る。最大画素での撮影を推奨。
●単写真、組写真いずれも可。組写真は1組5枚までを1作品とする。
●使用機材のメーカー、機種不問。スマートフォンでの撮影可。
応募規定
●グループでの応募可。
●1人(グループ)5作品まで応募可。
●応募者本人が撮影した未発表作品に限る。
●応募作品の返却不可。
応募方法
<郵送>
作品データを保存した記録メディア(CD-R/DVD-R/SDメモリーカードのいずれか)と、必要事項を明記した応募用紙を同封のうえ、下記応募先へ送付する。応募用紙はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。
<Eメール>
Eメール本文に必要事項を入力のうえ、作品データと応募用紙を添付してオフィシャルサイト記載のEメールアドレスへ送信する。1送信につき最大2MBまで添付可。
審査員
海野和男(審査委員長/昆虫写真家)、安珠(写真家)、石田立雄(元『CAPA』統括編集長)、伊知地国夫(科学写真家)
選考方法
2017年7月下旬に全国7地区毎に予選選考を行い、各地区賞と入選作品を選出。各地区から選出された作品は8月5日(土)〜9月3日(日)の期間、長野県・小諸高原美術館に展示する。8月19日(土)に開催する選考会で最優秀作品賞、優秀作品賞、小諸高原美術館賞などを決定する。
備考
2017年8月19日(土)に小諸高原美術館にて授賞式と「生きものサミット」を開催。「生きものサミット」には各地区賞受賞者7名とその保護者を招待し、審査委員長の海野和男さんとともに、応募作品の生きものの生態について学びを深める。受賞者1名と保護者1名の往復旅費、宿泊費は主催者が負担する。
主催
生きもの写真リトルリーグ実行委員会
後援
小諸市・小諸市教育委員会、日本自然科学写真協会、公益社団法人 日本写真協会
特別協賛
パナソニック株式会社
協力
小諸高原美術館、株式会社朝日新聞出版『アサヒカメラ』、株式会社モーターマガジン社『月刊カメラマン』、株式会社学研プラス『CAPA』、株式会社インプレス『デジタルカメラマガジン』、株式会社日本カメラ社『日本カメラ』、株式会社日本写真企画『フォトコン』、株式会社玄光社『フォトテクニックデジタル』、株式会社キタムラ
応募先・
問い合わせ
〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-5 電算ビル3F
パナソニックキッズスクール運営事務局内
生きもの写真リトルリーグ2017コンテスト応募係
TEL 03-3572-0811(9:00〜17:00/土・日・祝日を除く)
URL
http://ikimonosyasin-littleleague.jp

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。