1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉第78回 国際写真サロン

最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉第78回 国際写真サロン

概要
世界の写真愛好家を対象とした国際交流展。プロ・アマチュア問わず日本国内と海外から作品を募集し、入賞・入選作品を全国で巡回展示する。既発表作品も応募可能。今回から30歳以下を対象としたU30部門が新設された。
テーマ
自由
募集締切
2017年10月31日(火)必着
部門・応募資格
<応募部門>
●プロ、アマチュア不問。
<U30部門>
●日本国内在住の30歳以下(1986年11月1日以降生まれ)に限る。
●プロ、アマチュア不問。
<応募部門>
●審査委員特別賞(国内3点/海外3点)キヤノン製カメラ・メダル
●入選(国内42点/海外72点)メダル
<U30部門>
●最優秀賞(1点)キヤノン製カメラ、メダル
●入選(10点)メダル
応募形態
<応募部門>
●A4(210×297mm)以上半切(356×432mm)以下のプリントに限る。A3ノビ不可。
●カラー、モノクロいずれも可。
●組写真不可。
●画像の合成・加工・変形可。
●台紙、パネル貼り不要。
<U30部門>
●1作品10MB以下の画像データに限る。
●カラー、モノクロいずれも可。
●組写真不可。
●画像の合成・加工・変形可。
応募規定
<応募部門>
●1人10点まで応募可。
●応募者本人が撮影し、著作権を有するオリジナル作品に限る。
●既発表作品、他コンテストでの入賞作品の応募可。ただし、他コンテストの募集要項に違反しない場合に限る。
●選外作品の返却可(要返送料)。
<U30部門>
●1人5点まで応募可。
●応募者本人が撮影し、著作権を有するオリジナル作品に限る。
●既発表作品、他コンテストでの入賞作品の応募可。ただし、他コンテストの募集要項に違反しない場合に限る。
●作品の返却不可。
応募方法
<応募部門>
必要事項を明記した応募票を1点につき1枚貼付のうえ、下記応募先へ送付する。応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー可。
<U30部門>
オフィシャルサイトの応募フォームに必要事項を入力のうえ、作品データを送信する。
応募料
<応募部門>
応募点数にかかわらず一般3,000円、全日本写真連盟会員2,000円、学生無料。郵便振替にて送金する。
<U30部門> 無料
審査員
田沼武能(日本写真家協会会長/写真家)、安珠(写真家)、熊切圭介(日本写真家協会会長/写真家)、佐藤時啓(東京芸術大学美術学部教授/写真家)、白鳥真太郎(日本広告写真家協会会長/写真家)、朝日新聞社、全日本写真連盟関係者
発表
2017年12月中旬に受賞者に直接通知するほか、オフィシャルサイト、朝日新聞紙上、全日本写真連盟会報誌上で発表。
会期・会場
全国各地で巡回展示予定。
備考
2018年4月に入賞作品集を発行予定。
主催
全日本写真連盟、朝日新聞社
応募先・
問い合わせ
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社
全日本写真連盟事務局内「国際写真サロン」係
TEL 03-5540-7413(10:00〜18:00/土・日・祝日を除く)
FAX 03-5565-6910
URL
http://www.photo-asahi.com/contest/2/452/entry/

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。