1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 第1回 豊浦町「秘境小幌」フォトコンテスト

最新号紹介

CAPACAPA 12月号
【特集】カメラ・レンズ買い換え大作戦 【付録】撮影用品ベスト100セレクション 冬を楽しみ尽くす絶景撮影地 ソニー 7R III LUMIX G9詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 12月号
星と月の撮影術 星・月&星景撮影 Q&A 伊達淳一のDな買い物 デジタルフォトコンテスト 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回 豊浦町「秘境小幌」フォトコンテスト

テーマ
日本一の秘境駅として知られる「小幌駅」や、円空が5体の観音像を納めた「小幌洞窟」、断崖に囲まれた小さな入江「小幌海岸」、手付かずの自然に生息する多様な野鳥や植物など、四季折々に変化する「秘境小幌」エリアの風景等を題材にした写真。
撮影場所
北海道虻田郡豊浦町 小幌エリア
募集締切
2017年11月6日(月)消印有効
●最優秀賞(1点)豊浦町の特産品3万円程度
●優秀賞(最大6点)豊浦町の特産品1万円程度
●入選(最大12点)豊浦町の特産品5千円程度
応募形態
●JPEGデータに限る。
●画像サイズは4,368×2,912ピクセル以上(約1,280万画素以上)を推奨。サイズが小さい作品は選考対象外となる場合がある。
応募規定
●1人5点まで応募可。
●応募者本人が撮影した未発表作品に限る。
●応募作品の撮影時期不問。
●応募作品の返却不可。
応募方法
作品データを保存したCD-RまたはDVD-R、出力見本、必要事項を明記した応募用紙を下記応募先へ郵送する。応募用紙はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー、自作可。
審査員
矢野直美(鉄道写真家)、永山 茂(北海道鉄道観光資源研究会代表)、水瀬雅美(小幌駅駅ノート管理人)、金丸 孝(NPO法人豊浦観光ネットワーク理事長)、小西重勝(豊浦町郷土研究会会長)、村井洋一(豊浦町町長))
発表
オフィシャルサイトで発表。
備考
優秀作品は「秘境小幌 卓上カレンダー」に採用。
主催
豊浦町
応募先・
問い合わせ
〒049-5492 北海道虻田郡豊浦町字船見町10
豊浦町役場 水産商工振興課「秘境小幌フォトコンテスト」係
TEL 0142-83-1408(8:45〜17:30/土・日・祝日を除く)
URL
http://www.town.toyoura.hokkaido.jp/hotnews/detail/00002331.html

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。