1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉日本写真文化協会 第64回全国展フォトコンテスト

最新号紹介

CAPACAPA 1月号
2018 風景カレンダー 2018 撮るべき絶景61 ニコンD850 vs ソニーα7RIII デジタル版パンフォーカス撮影術 冬景色にも効くPL活用法詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉日本写真文化協会 第64回全国展フォトコンテスト

部門・
テーマ
<第1部> 日本の自然・日本の文化(組写真)
<第2部> 日本の自然・日本の文化(単写真)
※動物、植物、森林、山岳、河川、海、風土、風俗、祭、名所旧跡、神社仏閣、建造物、文化財、美術品および観光、スナップ写真など。
<第3部> 人物(単写真)
※ポートレート、家族写真、グループ写真、記念写真など人物を主体とした作品。
<第4部 学生の部> 自由テーマ(単写真/組写真)
募集締切
2018年2月10日(土)消印有効
<全部門より選出>
●内閣総理大臣賞(1点)賞金30万円、賞状、副賞
●文部科学大臣賞(2点)賞金20万円、賞状、副賞
●日本写真文化協会賞(1点)賞金10万円、賞状、副賞
●下岡蓮杖賞(1点)賞金20万円、賞状、副賞
●下岡蓮杖奨励賞(若干数)賞状、副賞
●奥田昇きもの写真大賞(1点)賞金10万円、賞状、副賞
●奥田昇きもの写真奨励賞(若干数)賞状、副賞
<第1・2・3部>
●推薦(各部門1点)
●特選(各部門1点)
●準特選(各部門2点)
●入選(各部門25点以内)
<第4部>
●金賞(1点)副賞、盾
●銀賞(3点)副賞、盾
●同賞(10点)副賞、盾
●優秀賞(15点以内)副賞、盾
応募資格
<第1・2・3部> プロ・アマチュア、年齢不問。
<第4部> 高校生・高等専門学校生の個人または団体。
応募形態
<第1部>
作品のプリントサイズは1枚430×430mm以内。500×1000㎜(または500×500㎜を2枚貼り合わせたもの)の白い紙を台紙として、1組2〜6枚を貼り付ける。
<第2部/第3部>
六つ切またはA4サイズのプリント。台紙不要。
<第4部>
2Lサイズのプリント。組写真の場合は3枚1組とする。台紙不要。
<各部門共通>
●カラー、モノクロいずれも可。
●デジタル加工を施した場合は応募票に明記すること。
応募規定
●応募者本人が撮影した未発表作品に限る。
●類似作品を含む他コンテストとの二重応募不可。
●第4部は応募作品の返却不可。第1・2・3部は選外作品の返却可(着払い)。
応募方法
必要事項を明記した応募票を貼付のうえ、下記応募先へ送付する。応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー可。
応募料
<第1・2・3部>
単写真は1枚につき1,000円、組写真は1組につき2,000円。郵便為替にて同封する。
<第4部> 無料。
審査員
中村征夫(写真家)、前川貴行(写真家)、小松ひとみ(写真家)、日本写真文化協会会員
発表
2018年3月上旬に入賞者へ直接通知するほか、4月中旬にオフィシャルサイトで発表予定。
会期・会場
2018年5月28日(月)~6月3日(日)東京都美術館(東京)
2018年9月21日(金)~26日(水)富士フイルムフォトサロン札幌(北海道)
2018年10月5日(金)~11日(木)富士フイルムフォトサロン大阪(大阪)
2018年10月19日(金)~24日(水)富士フイルムフォトサロン福岡(福岡)
2018年12月20日(木)~26日(水)ポートレートギャラリー(東京)
備考
●第1・2・3部の入賞・入選者は、展示制作代金(単写真6,000円、組写真11,000円)が別途必要。第4部は展示費用の負担なし。
●2018年5月下旬に『第64回全国展作品集』を刊行予定。
主催
一般社団法人 日本写真文化協会
応募先
〒125-0063 東京都葛飾区白鳥2-19-5
三和産業株式会社「第64回全国展」係
TEL 03-3603-2168(10:00〜17:00/土・日・祝日を除く2018年2月末日まで)
問い合わせ
一般社団法人 日本写真文化協会「全国展」係
TEL 03-3351-2463(10:00〜17:00/土・日・祝日を除く)
FAX 03-3353-3315
URL
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/zenkoku64_news.html

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。