1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉「写真の日」記念写真展2018

最新号紹介

CAPACAPA 2月号
【付録】高解像画質&レンズ特性チェックチャート 一眼レフvsミラーレス 人と街を撮るスナップ写真 月の風景を撮る・月光の演出で撮る詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉「写真の日」記念写真展2018

概要
6月1日の「写真の日」を記念して、写真の楽しさや記録の大切さを広める写真展。
部門・テーマ
<自由作品部門>
家族、旅、行事、ペット、乗物など、作品の題材は自由。
<ネイチャーフォト部門>
動植物、風景など、自然をテーマにした作品。
募集締切
<送付> 2018年2月26日(月)消印有効
<持参> 2018年2月24日(土)・25日(日)11:00〜17:00
●外務大臣賞(自由作品部門1名)賞金10万円、特製賞状、特別賞品
●環境大臣賞(ネイチャーフォト部門1名)賞金10万円、特製賞状、特別賞品
●優秀賞(各部門5名)賞金2万円、特製賞状
●奨励賞(各部門5名)図書カード5千円、特製賞状、賞品
●協賛会社賞(各部門60名)特製賞状、協賛会社賞品
●入選(各部門50名)特製賞状、賞品
応募資格
日本国内在住者に限る。
応募形態
●六つ切(ワイド可)またはA4サイズのプリントに限る。
●組写真不可。
●台紙不要。
応募規定
●1人につき両部門何点でも応募可。ただし、同一作品の両部門への重複応募は不可。
●応募者本人が2年以内に撮影した未発表作品に限る
●類似作品を含む他コンテストとの二重応募不可。
●応募作品の返却可。
●外務/環境大臣賞、優秀賞、奨励賞に入賞した作品は、デジタルデータあるいは原板フィルムの提出が必要。
応募方法
必要事項を明記したタイトル票を1点につき1枚貼付し、応募受付リストを添付のうえ、下記応募先へ送付または持参する。タイトル票と応募受付リストはオフィシャルサイトからダウンロードして使用。
選考料
1点につき20歳以上は1,500円、20歳未満は1,000円。郵送応募の場合は普通為替証書を同封、またはオフィシャルサイトに記載されているゆうちょ銀行口座に振り込む。持参の場合は現金で支払う。
選考委員
海野和男(写真家)、出水惠利子(写真家)、日本写真協会
発表
2018年4月上旬ごろに入賞者へ直接通知。
会期・会場
●2018年6月下旬 みどりのiプラザ(東京)予定
●東川町文化ギャラリー(北海道)
●富士フォトギャラリー新潟(新潟)
●福島テルサ(福島)
●HCLフォトギャラリー名古屋(愛知)
●小諸市立小諸高原美術館 市民展示室(長野)
●九州産業大学美術館(福岡)
●会場調整中(大阪)
主催
東京写真月間2018
応募先・
問い合わせ
〒102-0082 東京都千代田区一番町25 JCIIビル4階
公益社団法人 日本写真協会「東京写真月間2018」実行委員会
TEL 03-5276-3585/FAX 03-5276-3586
URL
http://www.psj.or.jp/gekkan/schedule/contest2018/detail2018.html

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。