1. ホーム
  2. フォトコンテスト情報
  3. 〈公募展〉2018年 第43回「視点」全国公募写真展

最新号紹介

CAPACAPA 2月号
【付録】高解像画質&レンズ特性チェックチャート 一眼レフvsミラーレス 人と街を撮るスナップ写真 月の風景を撮る・月光の演出で撮る詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトコンテスト情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈公募展〉2018年 第43回「視点」全国公募写真展

テーマ
自由
募集期間
送付:2018年2月10日(土)~3月4日(日)消印有効
持参:2018年2月28日(水)~3月4日(日)13:00~18:00
●視点賞(1名)賞金30万円、土門拳揮毫「視点」額、賞状
●奨励賞(3名)賞金10万円、賞状
●優秀賞(7名)賞金3万円、賞状
●特選(10名)賞金1万円、賞状
●ヤング賞(1名)賞金5万円、賞状
●準ヤング賞(3名)賞金1万円、賞状
部門・応募資格
<一般部門> 年齢不問。
<ヤング部門> 応募時点で30歳以下が対象。
応募形態
●六つ切またはA4サイズのプリントに限る。
●単写真、組写真いずれも可。組写真は1組8枚以内とする。
●台紙不要。
応募規定
●1人何点でも応募可。
●グループでの応募可。
●応募作品の返却可(要返送料)。
●入選発表後の出品辞退不可。
●応募料、出品料の返却不可。
応募方法
必要事項を明記した作品票を1点につき1枚貼付し、応募カードを添付のうえ下記応募先へ送付または持参する。応募カードと作品票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。コピー可。
応募料
単写真、組写真とも1枚につき1,500円(ヤング部門は1枚につき500円)の応募料と、応募者1人につき1,300円の事務手数料が必要。オフィシャルサイトに記載されている送金先口座に振り込む。
審査員
大石芳野(写真家)、英 伸三(日本写真家協会会員/日本リアリズム写真集団代表理事/現代写真研究所所長)、中村梧郎(日本写真家協会会員/日本リアリズム写真集団代表理事)、金瀬 胖(日本写真家協会会員/日本リアリズム写真集団代表理事/現代写真研究所教務主任)、金井紀光(日本リアリズム写真集団理事/現代写真研究所講師/2018「視点」委員長)
発表
2018年4月15日に全応募者へ直接通知。
会期・会場
2018年6月6日(水)~13日(水)東京都美術館
※高知、浜松、名古屋、仙台、三重、大阪、鹿児島などを巡回予定。
備考
●入選・入賞作品は出品料(単写真・組写真とも1枚4,500円/2枚目からは1枚につき2,500円)が別途必要。(制作費は別途)
●展示作品は、出展者にてA3~A2サイズのパネルにする。
●ヤング賞は、応募カードの該当欄にチェックを入れることで対象となる。チェックがない場合は、該当年齢であってもヤング賞対象外とする。
主催
日本リアリズム写真集団
応募先・
問い合わせ
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12 沢登ビル6F
日本リアリズム写真集団 2018年「視点」委員会
TEL 03-3355-1461(13:00~18:00)/FAX 03-3355-1462
URL
http://www.jrp.gr.jp/modules/shitentop/

※ここに掲載しているフォトコンテストにおいて特に記載のない限り、応募作品は応募者本人が著作権を有するもの、または権利者から事前に使用承諾を得たものとします。被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。