1. ホーム
  2. 特集
  3. フォトキナ2016特集
  4. パナソニック「GH5」の6Kフォトに期待! 交換レンズは8Kを見据えて開発中

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトキナ2016特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック「GH5」の6Kフォトに期待! 交換レンズは8Kを見据えて開発中

LUMIXの誕生15周年を迎えるパナソニックの注目は、「GH4」の後継機となる「GH5」の開発発表だ。4K/60Pの動画記録に対応するほか、4Kフォトを超える6Kフォトで約1,800万画素のJPEG画像が切り出せる。また、「LEICA DG VARIO-ELMARIT F2.8-4.0」のマイクロフォーサーズレンズ3本も開発発表され、ブースで展示されていた。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX GH5
ショーケースの中で展示されていた「LUMIX GH5」。詳細なスペック、発売時期などは未定。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
4Kフォト、4Kムービーをメインにしたパナソニックブース。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
「LEICA DG VARIO-ELMARIT F2.8-4.0」シリーズとして12-60mm標準ズーム、8-18mm広角ズーム、50-200mm望遠ズームの3本も参考出展。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
ブースに掲示されていたレンズのロードマップには、3本のレンズが2016年以降に発売されることが示されていた。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
ブースに設けられたタッチ&トライコーナーでは各種カメラ、ムービーカメラが体験できる。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX G8
「LUMIX G80(国内名称はG8)」。4Kフォトのフォーカスセレクト機能を応用したフォーカス合成などの機能を搭載する。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX LX9
コンパクトなボディに大口径F1.4〜2.8のLEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズを搭載した「LUMIX LX15(国内名称はLX9)」。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
LUMIXの15年の歴史を代表的な製品で振り返るパネルが設けられていた。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
ブースの一角には、マイクロフォーサーズを紹介するコーナーも設けられていた。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
ポートレート撮影を紹介するDVDと4Kフォトを紹介するパラパラブックをカウンターで発見!

【Photokina2016】パナソニックLUMIX GH4R
P9190094 ブースに展示されていた「GH4R」。動画記録時間のリミッターがない欧州限定モデルで、主要な機能は「GH4」と同等となっている。

【Photokina2016】パナソニックLUMIX
「GH5」は動画だけでなく静止画でも最高画質を目指して開発したと語るパナソニック カメラ商品企画課長の伏塚浩明さん。4Kフォトはプロに向けて開発したものだが、8Mの画像では物足りない。6Kフォトの16Mなら問題なく使ってもらえるはずだと自信をのぞかせていた。レンズは8Kを見据えて開発を進めているのだそうだ。