1. ホーム
  2. 特集
  3. フォトキナ2016特集
  4. 19万人以上の来場者で賑わったフォトキナ2016

最新号紹介

CAPACAPA 9月号
EOS 6D Mark IIライバル機対決も!今「ミドル・フルサイズ」が狙い目 ワイドレンズを使いこなす 月プラスαのアレンジ撮影 【付録】紅葉撮影ハンドブック詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 9月号
ミラーレス一眼の「現在地」 メシ&カシ写真の上達法 便利に使うレンズレンタルサービス EOS 6D Mark II ホントに使えるスマホ写真アプリ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトキナ2016特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19万人以上の来場者で賑わったフォトキナ2016

予想以上に数多くの新製品が発表された今年のフォトキナ。VR元年と言われていただけに、VRやアクションカメラを扱うメーカーが多かったが、その一方でインスタントカメラやフォトブックなど、アナログの製品も多く目についた。

会期中の来場者は19万人を超え、出展は42の国と地域から963社にのぼった。海外からの来場者が約70%、また初めてフォトキナを訪れたのは約40%という結果だったが、使用されていないホールも多く、年々、開催規模が縮小しているのは明らかだ。

2年後は一体どんなフォトキナになるのか、カメラの発展とともに興味深く見守っていきたい。

Photokina2016
ケルンメッセの外にはためくPhotokinaのフラッグ。初めて入り口に手荷物検査場が設けられたフォトキナだった。

Photokina2016

Photokina2016
今回のフォトキナでは、通路を利用した写真の展示も大幅に減少していた。アトラクションなども少なくなっていた。

Photokina2016

Photokina2016
海外からの出展は、中国、シンガポール、台湾、香港、日本などが目立つ。とは言っても探さないと見つけられないほどで、それほど多くはない印象だった。

Photokina2016
次回のフォトキナは2018年9月20〜25日に開催予定。どんなフォトキナになるのか、今から楽しみだ。