1. ホーム
  2. 特集
  3. フォトキナ2016特集
  4. リコーイメージングは「RICOH THETA」で360°の世界をアピール

最新号紹介

CAPACAPA 2月号
高性能ミラーレス新時代 極みの白を引き出す露出決定 女性美を写す 望遠ズーム選び 白と黒で描くエロス詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 2月号
風景写真の超基本 写真家が選ぶスゴいレンズ 漫画で写真がうまくなる 新製品レビュー詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトキナ2016特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リコーイメージングは「RICOH THETA」で360°の世界をアピール

リコーイメージングは、ブースの約半分を全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」の体験コーナーとして全面に押し出していた。もちろん中判カメラの「ペンタックス 645Z」をはじめ、フルサイズ一眼レフ「ペンタックス K-1」、アクションカメラ「WG-M2」など幅広い商品群を紹介していた。

【Photokina2016】リコーイメージング
アクションカメラ「WG-M2」。これまでもそうだが、日本よりもカラーバリエーションが少ないのが欧州の特徴でもある。

【Photokina2016】リコーイメージング
「WG-M2」「RICOH THETA」と各種アクセサリーをショーケースで展示していた。

【Photokina2016】リコーイメージング
「RICOH THETA」の上位モデル「RICOH THETA S」。その場で撮影した画像をドッグに装着して観ることができるようになっていたほか、全天球の画像をソフトウェアで加工したプリントも展示されていた。

【Photokina2016】リコーイメージング

【Photokina2016】リコーイメージング
卵型のソファーが並べられたシータの鑑賞スペースが特徴的だったリコーイメージングのブース。左手奥にペンタックスのカメラが展示されている。

【Photokina2016】リコーイメージング
株式会社リコー VR事業室マーケティンググループリーダーの濟木一伸さんは、VRのマーケットの広がりに手応えを感じているという。今後もTHETAで提案してきた360°の世界をユーザーと一緒に作っていくとともに、この分野のフロントランナーであり続けたいという意気込みも語ってくれた。