1. ホーム
  2. 特集
  3. フォトキナ2016特集
  4. お待ちかねのAマウント新フラッグシップ「ソニー α99 II」体験コーナーが大盛況

最新号紹介

CAPACAPA 3月号
【付録】レンズの解像力&ボケ味チェックチャート 春の新モデル完全ガイド 交換レンズの実力を知る&生かす大研究 極上桜の色彩術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 3月号
奥深き「花」写真 狙い目ミラーレスの実力検証 写真がうまくなる連載漫画 新製品レビュー詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

フォトキナ2016特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お待ちかねのAマウント新フラッグシップ「ソニー α99 II」体験コーナーが大盛況

フォトキナで発表されたAマウントの新フラッグシップモデル「α99 II」は、日本国内でも2016年11月発売に決定した。ソニーブースではタッチ&トライコーナーでさっそく体験することができた。「α99 II」の特徴である79点の位相差AFセンサーと399点の像面位相差AFセンサーを併用するAF方式や、約12コマ/秒の高速連写を意識したシューティングレンジも用意されており、ブースは多くの来場者で賑わいを見せていた。

またソニーは、ツァイスとの協業20周年を迎える。これまでのカールツァイスブランドのレンズを搭載した代表的な製品を展示するコーナーも設けられていた。

【Photokina2016】SONY
フォトキナでモデルのシューティングレンジを設けていた数少ないブースの一つ。

【Photokina2016】SONY α99 II

【Photokina2016】SONY α99 II
まもなく発売となる「α99 II」。Eマウントの「α7R II」とともにダブルフラッグシップという位置付けのカメラだ。

【Photokina2016】SONY
ブースでは空手の演舞も行われ、来場者の関心を集めていた。このコーナーでは実際に撮影して動態撮影や手ブレ補正などの機能を試していた。

【Photokina2016】SONY α99 II
もっとも人気を集めていたのは、やはり「α99 II」のタッチ&トライカウンター。

【Photokina2016】SONY
カメラの操作性を試すソニーブースの来場者。スタッフへの質問も尽きないようだ。

【Photokina2016】SONY
Sony World Photography Awards」の入賞作品を展示するコーナー。作品は全てプリントではなくモニターで展示されていた。