最新号紹介

CAPACAPA 3月号
【付録】フィルター活用ブック 一眼画質を究める 桜撮影2018 ポートレート瞬撮テクニック CAPAレンズ大賞決定 新カメラ速攻レポ詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパス

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2013.09.10 UP )

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
拡大する

M ズイコー デジタル ED12〜40ミリF2.8プロ
2013年11月29日(金)発売
112,350円(税込)

マイクロフォーサーズ規格に準拠した、防塵・防滴の標準ズームレンズ。35mm判換算で24〜80mm相当をカバーする。ミラーレスデジタル一眼カメラ「OM-D E-M1」の発売に合わせて新設された高性能マイクロフォーサーズレンズ”M.ZUIKO PRO”シリーズの第1弾レンズで、「OM-D E-M1」のキットレンズにもなっている。

[2013.11.8]発売日が2013年11月29日(金)に決定。

■描写性能
非球面EDレンズ1枚,非球面レンズ2枚、DSAレンズ1枚、EDレンズ2枚、HDレンズ1枚、HRレンズ2枚を採用した9群14枚のレンズ構成で、フォーサーズレンズのハイグレードシリーズに匹敵する光学性能を実現。また、レンズ表面に「ZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティング」を施すことでゴーストやフレアを抑制し、逆光などの悪条件下でもクリアな描写が得られる。

■AF性能
動作音の原因になるギアを排除し、ダイレクトにフォーカス用レンズを駆動させる「MSC(Movie and Still Compatible)機構」を用いたインナーフォーカス方式を採用。レンズ2枚を接合した小型・軽量フォーカスユニットでピント合わせを行うことで、高速で静かなオートフォーカス駆動を実現する。

マニュアルフォーカスクラッチ機構
拡大する

フォーカスリングを手前に引くと距離目盛が現れる。

■マニュアルフォーカスクラッチ機構
フォーカスリングを手前に引くことで瞬時にマニュアルフォーカスへ切り替わる「マニュアルフォーカスクラッチ機構」を搭載。従来のMFと同様の滑らかで緻密なピント合わせが可能。フォーカスリングは無限に回転することなく、距離目盛の範囲内で回転するので、従来のマニュアルフォーカスレンズと同じように使うことができる。

■その他の機能
マイクロフォーサーズ規格の特徴を生かし、ズーム全域で開放F2.8を達成しながら、小型軽量化を実現。望遠端では、レンズ先端から7cmまでの接写が可能。広角端でもレンズ先端から9cmまで被写体に寄ることができる。

レンズ構成図
拡大する

■主な仕様
カラー ブラック
焦点距離 12〜40mm(35mm判換算 24〜80mm相当)
レンズ構成 9群14枚(非球面EDレンズ1枚,非球面レンズ2枚、DSAレンズ1枚、EDレンズ2枚、HDレンズ1枚、HRレンズ2枚)
画角 84°〜30°
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.3倍(35mm判換算 0.6倍相当)
フィルター径 φ62mm
サイズ(最大径×全長) φ69.9×84mm
質量 423g
付属品 レンズキャップLC-62D、レンズリアキャップLR-2、レンズフードLH-66、レンズケースLSC-0918 ほか

■先行展示
2013年9月11日(水)よりオリンパスプラザ東京およびオリンパスプラザ大阪ショールームにて先行展示を実施。2013年9月22日(日)~10月27日(日)は日曜・祝日も営業する。

【関連記事】
⇒ 新製品エキスプレス:オリンパス OM-D E-M1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS