最新号紹介

CAPACAPA 3月号
【付録】フィルター活用ブック 一眼画質を究める 桜撮影2018 ポートレート瞬撮テクニック CAPAレンズ大賞決定 新カメラ速攻レポ詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市川ソフトラボラトリー

SILKYPIX Developer Studio Pro6 パッケージ版

2014.09.26 UP )

SILKYPIX Developer Studio Pro6

2014年10月10日発売
31,500円(税別)

RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio Pro 6」パッケージ版の発売日が、2014年10月10日(金)に決定した。Windows/Macintosh両対応のハイブリッド版。

「SILKYPIX Developer Studio Pro 6」は、デジタルカメラで撮影したRAWデータから高品位な画像を生成するRAW現像ソフト最上位モデル「SILKYPIX Developer Studio Pro」の最新版。2013年12月にWindowsダウンロード版、2014年6月にMac OSダウンロード版が発売されている。

「SILKYPIX Developer Studio Pro 6」の主な新機能は下記のとおり。

SILKYPIX Developer Studio Pro6

■3カラムや全画面表示が可能
画面を3分割したコントロールのレイアウトが可能になった。コントロールパネルは左右どちらにでも配置できるので、片方にまとめることで従来と同じように2カラムで作業を行うこともできる。プレビューは全画面表示に対応した。

■パフォーマンスが向上
画像処理エンジンやアプリケーション設計を改良し、従来バージョンと比べてパフォーマンスが向上。起動、サムネイル表示、現像処理、調整時スライダーの応答性などの処理速度も高速化している。

■ノイズリダクション時の画質が向上
新開発のノイズリダクションアルゴリズム「NR5」を搭載することで、ノイズリダクション時の画質が向上した。超高感度撮影時の画像も、ディティールを損なうことなくノイズリダクションの効果を得ることができる。

  • SILKYPIX Developer Studio Pro6

  • SILKYPIX Developer Studio Pro6

■覆い焼き/HDRの明暗部を分離
従来は暗部と明部を同時に階調補正を行っていた「覆い焼き」と「HDR」機能が、明部と暗部をそれぞれ独立して調整できるようになった。

  • SILKYPIX Developer Studio Pro6

  • SILKYPIX Developer Studio Pro6

SILKYPIX Developer Studio Pro6

■プリンタプルーフ機能を搭載
カラーマネージメントされた環境であれば、プリンタープロファイルを指定することで液晶モニター上でのプリントシミュレーションが可能。シミュレーションしたい「プリンター+用紙」のICCプロファイルを選択することで、印刷した際の色味をプレビュー画面上で確認できる。

動作環境

■Windows
対応OS Microsoft Windows 8.1/8/7/Vista
CPU Intel Pentium 4以上またはAMD Athron 64以上のプロセッサー(64bit対応推奨)
メモリ 2GB以上のRAM(4GB以上推奨)
HDD 10GB以上の空き容量のあるハードディスク
ビデオ 1024×768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
その他 CD-ROMドライブ

■Macintosh
対応OS Mac OS X 10.6〜10.9
CPU Intel Core 2 Duo以上のプロセッサー(64bit対応必須)
メモリ 2GB以上のRAM(4GB以上推奨)
HDD 10GB以上の空き容量のあるハードディスク
ビデオ 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
その他 CD-ROMドライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS