最新号紹介

CAPACAPA 1月号
2018 風景カレンダー 2018 撮るべき絶景61 ニコンD850 vs ソニーα7RIII デジタル版パンフォーカス撮影術 冬景色にも効くPL活用法詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コシナ

フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-Mount/VM

2016.07.20 UP )

歪曲収差を徹底排除したフルサイズ対応の超広角レンズ

E-Mount:2016年9月7日発売 135,000円(税別)
VM:2016年9月発売予定 115,000円(税別)

121°の超広角ながら、非球面レンズの採用により歪曲収差を徹底的に除去したウルトラワイドレンズ。直線を直線として描写でき、絞り開放から画面隅々までシャープな画像が得られる。総金属製鏡筒を採用し、スムーズなヘリコイド操作を実現。電子接点搭載のソニーEマウントモデルと、ライカMマウントと互換性のあるVMマウントモデルを用意している。いずれもフルサイズ対応。

<2016.10.21>
VMマウントモデルの発売日が2016年11月10日(木)に決定。

<2016.8.1>
ソニーEマウントモデルの発売日が2016年9月7日(水)に決定。

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III
左:E-Mount 右:VM

■E-Mountモデル
マニュアルフォーカス、マニュアル絞り専用レンズであるが、電子接点を搭載しExif情報の取得が可能。距離エンコーダーを内蔵し、シフトブレ補正に被写体までの距離情報を使用するボディ内5軸手ブレ補正に対応。また、フォーカスリングによるファインダーの拡大表示もできる。動画撮影時に有効な絞りリングのクリック切り替え機構を搭載。最短撮影距離30cmを実現し、強烈な遠近感を生かした撮影が楽しめる。

■VMモデル
斜めに入る光線角度により画面周辺部で色かぶりなどが起きるデジタルカメラ使用時の問題を、光学設計を一新して解消したウルトラワイドレンズ。ライカMマウントと互換性のあるバヨネット式VMマウントを採用し、距離計連動システムに対応する。最短撮影距離50cm、距離計連動70cmを実現。レンジファインダーカメラによる撮影用に、オプションで外付け光学式ファインダーを用意している。

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III
レンズ構成図

■主な仕様
対応マウント ソニーEマウント、VMマウント(ライカMマウント互換)
焦点距離 12mm
レンズ構成 10群12枚(非球面レンズ1枚)
画角 121°
絞り羽根枚数 10枚
開放絞り F5.6
最小絞り F22
最短撮影距離 0.3m(E-Mount)/0.5m(VM)
最大撮影倍率 1:5.6
フィルター 装着不可
フード レンズ一体型
サイズ(最大径×全長) φ67.4×68.3mm(E-Mount)/φ64.8×58.4mm(VM)
質量 350g(E-Mount)/283g(VM)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS