最新号紹介

CAPACAPA 5月号
THE 標準レンズ 奥深きセルフポートレートの世界 春〜初夏の彩り花風景 コスプレ写真 【付録】撮影ジャンル別極上レンズセレクション詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 5月号
自分だけの絵作り入門 今買っておくべきカメラ用品 新製品レビュー 写真ってどうしたらうまくなりますか?詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッシン

ニッシン スピードライト Di700Aとコマンダー Air1のフォーサーズ用・富士フイルム用が11/30発売

2016.11.28 UP )

2016年11月30日発売

電波式ワイヤレスTTLシステムを搭載したクリップオンストロボ「スピードライト Di700A」とコマンダー「Air1」のフォーサーズ用(オリンパス/パナソニック用)と富士フイルム用が、2016年11月30日(水)発売に決定した。

スピードライト Di700A+コマンダー Air1
スピードライト Di700A(左) コマンダー Air1(右)

「Di700A」は、ニッシン独自の電波式ワイヤレスTTLシステム「NAS」に対応し、専用コマンダー「Air1」から光量調整や照射角などの遠隔操作が可能。1台の「Air1」から異なるマウントの「Di700A」やNAS対応ストロボをコントロールすることもできる。ハイスピードシンクロ*、後幕シンクロにも対応する。

* 富士フイルム用は、現時点ではハイスピードシンクロ非対応だが、後日ファームアップにて対応する。

価格は、フォーサーズ用・富士フイルム用ともDi700A単品が23,000円、Air1単品が8,000円、Di700AとAir1のキットが27,500円(いずれも税別)。

Di700AとAir1は、現在キヤノン用とニコン用ソニー用が発売中。
動画レポートはこちら

■電波式ワイヤレスTTLシステム「NAS」
「Di700A」の基本性能は2013年に発売された「Di700」と同様で、新たに電波式ワイヤレス通信システム「NAS」(Nissin Air System)スレーブ機能を内蔵している。「NAS」は2.4GHz帯の電波を使用し、屋外や遮蔽物のある環境でもスレーブストロボを安定して動作させることができるニッシン独自のシステム。事前にペアリングした機器同士のみが通信を行う仕様で、混信を避けるために8つの使用チャンネルから選択するようになっており、安定した通信環境を確保する。最大通信半径は約30m。

スピードライト Di700A
  • スピードライト Di700A

  • スピードライト Di700A

コマンダー Air1
  • コマンダー Air1

  • コマンダー Air1

  • コマンダー Air1

  • コマンダー Air1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS