最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコン

ニコンのプレミアムコンパクト DLシリーズが発売中止に

2017.02.13 UP )

ニコンが、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DL」シリーズの発売中止を発表した。

  • ニコン DL
  • ニコン DL
  • ニコン DL
左から「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」

DLシリーズは、プレミアムコンパクトの新シリーズとして2016年2月23日に発表された。ラインナップは、開放F1.8の超広角ズームレンズを搭載した「DL18-50 f/1.8-2.8」、スーパーマクロ撮影にも対応する標準ズームレンズを搭載した「DL24-85 f/1.8-2.8」、35mm判換算で24〜500mm相当の超高倍率ズームレンズを搭載した「DL24-500 f/2.8-5.6」の3機種。いずれも有効2081万画素の1.0型裏面照射型CMOSセンサーと、4コアCPUの新画像処理エンジン「EXPEED 6A」、ハイブリッドAFシステムを採用し、位相差AF追従で最高約20コマ/秒の高速連写が可能としていた。

当初は2016年6月発売の予定だったが、画像処理用のICに重大な不具合があることが判明し、発売が延期されていた。ニコンでは発売延期発表後も開発に取り組んでいたが、開発費が増加したことと、市場の減速に伴う販売想定数量の下落等を考慮し、収益性重視の観点から発売中止を決定したとのこと。

2016年2月に開催されたCP+2016には、専用の電子ビューファインダーとともに出展されていたDLシリーズ。CP+2017での続報を期待していただけに、残念だ。

ニコン DL
CP+2016に出展されていたDLシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS