最新号紹介

CAPACAPA 5月号
THE 標準レンズ 奥深きセルフポートレートの世界 春〜初夏の彩り花風景 コスプレ写真 【付録】撮影ジャンル別極上レンズセレクション詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 5月号
自分だけの絵作り入門 今買っておくべきカメラ用品 新製品レビュー 写真ってどうしたらうまくなりますか?詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノン

キヤノン EOS 9000D 〜 最新映像エンジンを搭載した本格志向エントリー一眼レフ

2017.02.15 UP )

2017年4月7日発売
オープン価格(直販価格:ボディ 税別 107,500円)

有効約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ。初心者にも扱いやすいエントリークラスだが、最新映像エンジン「DIGIC 7」を搭載し、上級機と同等の操作性やAF性能を備えるなど、本格志向ユーザー向けの機種となっている。

<2017.3.31> 発売日が2017年4月7日(金)に決定。

EOS 9000D
EOS 9000D・EF-S 18-135 IS USM レンズキット

■描写性能
約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、画像を処理する性能が飛躍的にアップした映像エンジン「DIGIC 7」との組み合わせにより、エントリークラス最高の画質を実現。これまで以上に、細部のディテール、豊かな階調を再現する。また、高感度撮影時のノイズ耐性と解像感が向上したため、常用ISO 25600*を達成した。

* 動画撮影時はISO 12800

■AF性能
撮像と位相差AFの両方を行う、キヤノン独自の「デュアルピクセルCMOS AF」をエントリークラスで初搭載。ライブビュー撮影時や動画撮影時にも、広範囲で高速・高精度なピント合わせや滑らかな追従が可能となり、ファインダー撮影時のように、瞬時にピントが合う。

AF方式は、「ライブ1点AF」、顔を検出してオートフォーカスして自動的に追尾する「顔+追尾優先AF」に加え、画面内で動く被写体も狙い通りに撮影しやすい「スムーズゾーンAF」を新搭載。

ファインダー撮影時は、上位機の「EOS 80D」と同じオールクロス45点AFを採用。測距エリアモードは、45点から任意選択する「1点AF」、構図優先での撮影に便利な「ゾーンAF」、より動きの激しい被写体に役立つ「ラージゾーンAF」、不規則な動きの被写体に有効な「45点自動選択AF」の4種類。

AIサーボAFは、動きの予測精度に優れた「AIサーボAF II」を搭載。被写体が中央から外れても、障害物が入っても、ピントを合わせ続ける。新たに色検知AFを機能させることが可能になり、被写体の色情報を利用した被写体追尾を行える。

■連写性能
ファインダー撮影時の連写速度は、最高約6コマ/秒。エントリークラスとして初の「デュアルピクセルCMOS AF」によるサーボAF連写に対応し、ライブビュー撮影時も被写体にピントを合わせながらの連続撮影ができる。撮影速度を優先するときは最高約4.5コマ/秒、ピントを優先(被写体追従優先)するときは、約3.5コマ/秒の低速連続撮影となる。

■操作性
EOS 9000D
3.0型・約104万ドット、水平方向約175°・前方回転約180°・後方回転約90°可動のバリアングル液晶モニターを搭載。タッチシャッターやピント合わせ、各種設定、再生などもタッチで操作できる。撮影画像を2本指の開閉で拡大・縮小できるなど、スマホと同様の操作性を実現した。

EOS 9000D
メイン電子ダイヤルに加えてサブ電子ダイヤルも装備され、さらにカメラボディ上面には上位機種と同様の表示パネルを採用。素早い操作と確認ができる。

EOS 9000D
2017年2月15日(水)に開催された発表会より

EOS 9000D
新UI(ユーザーインタフェース)として、「ビジュアルガイド」も選択表示できる。簡易な説明や写真、視覚的な表現で機能が表示されるので、初心者にもわかりやすい。

■Wi-Fi・NFCに加えてBluetoothにも対応
スマートフォンや周辺機器への接続手段として、Wi-Fi、NFCに加え、新たにBluetoothにも対応。ワイヤレスでの携帯端末などへの転送がさらに便利になった。Android/iOS端末向けの無料アプリ「Camera Connect」を利用して、画像の保存や共有、リモート撮影もできる。

■動画撮影機能
プロの現場でも活躍する「EOSムービー」は60pフルハイビジョン。動画撮影時にも「デュアルピクセル CMOS AF」が作動し、タッチパネル操作により直観的にAF枠を移動できるなど、滑らかなAF動作と高い追従性を両立している。動画撮影時にジャイロセンサーを活用し、手ブレ補正を行う動画電子防振機能を搭載。5軸で手ブレを検出・補正する。

■その他の機能
高感度撮影時と長秒時露光撮影時の2つのシーンで適切なノイズ処理を実行するノイズ低減機能は、5種類から選択可能。また、レンズ光学補正は「歪曲収差補正」「色収差補正」「周辺光量補正」に加え、新たに「回折補正」にも対応している。オートホワイトバランスでは、白色が再現されやすくなる 「ホワイト優先」と、光源の赤味を残す「雰囲気優先」が新たに追加された。夕景や屋外の緑を高精度に検知するRGB+IR測光センサー搭載により、シーン判別とAF精度が向上。蛍光灯やLEDなどの人工光源下での明るさや色のばらつきを抑制するフリッカーレス撮影にも対応している。

■レンズキット

  • EOS 9000D・EF-S 18-135 IS USM レンズキット
    2017年4月上旬発売予定
    オープン価格(直販価格:税別 155,000円)

    高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」が付属する。
  • EOS 9000D・ダブルズームキット
    2017年4月上旬発売予定
    オープン価格(直販価格:税別 145,000円)

    標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」と、望遠ズームレンズ「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM」が付属する。
  • EOS 9000D

  • EOS 9000D

  • EOS 9000D

    EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM 装着時

  • EOS 9000D

    EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 装着時

■アクセサリー
カメラとの距離が全周約5mの範囲で操作できるBluetooth対応ワイヤレスリモートコントローラー「BR-E1」(税別 4,300円)も同時発売予定。別売りのパワーズームアダプター「PZ-E1」(直販価格:税別 25,000円)と「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を使用することで、手動では難しい滑らかなパワーズーム(電動ズーム)をリモート操作で行うことも可能。

EOS 9000D
BR-E1

■キャンペーン
発売日から2017年6月30日までの製品購入者全員を対象に、「Manhattan Portage」のカメラバッグをプレゼントする「本気の写真旅キャンペーン」を実施する。

■主な仕様
有効画素数 約2420万画素
撮像素子 CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
マウント キヤノンEFマウント
ISO感度 ISO 100〜25600(拡張 ISO 51200相当)
シャッター速度 1/4000〜30秒
ファインダー [視野率]上下左右 約95% [倍率]約0.82倍
画像モニター ワイド3.0型 約104万ドット TFTカラー液晶モニター
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリカード(UHS-I対応)
サイズ(幅×高さ×奥行き) 約131.0×99.9×76.2mm
質量 約493g(本体のみ)/約540g(バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 バッテリーパック LP–E17(カバー付き)、バッテリーチャージャー LC–E17、ワイドストラップ EW-100DBV ほか

関連リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS