最新号紹介

CAPACAPA 10月号
読者モニター大募集 圧倒のニコンD850 写真家25人「俺のレンズ」 紅葉撮影のWB・ケルビン設定術詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 10月号
「ボケ」と「構図」の関係性 紅葉撮影の超キホン 私の写真上達法 EOS 6D Mark II “かわいい” わが子撮影術 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット 新製品エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコン

ニコン AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 〜 手軽に持ち歩けるコンパクトな超広角ズームレンズ

2017.05.31 UP )

2017年6月30日発売
41,500円(税別)

ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)に対応する小型・軽量の超広角ズームレンズ。35mm判換算で15〜30mm相当をカバーする。手ブレ補正VR機構を搭載し、3.5段分の補正効果を発揮。本格的な超広角撮影が手軽に楽しめるコストパフォーマンスの高い1本だ。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

■光学性能
非球面レンズ3枚を含む11群14枚のレンズ構成で、諸収差を効果的に抑制。最大撮影倍率は0.17倍、最短撮影距離は0.22mで、パースペクティブを生かして被写体を強調したクローズアップ撮影も楽しめる。

■フォーカス性能
AF-Pレンズシリーズは、AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を採用しているのが大きな特徴。AF-Pの “P” は、ステッピングモーターの別名であるパルスモーター(Pulse Motor)を指す。高速で静かなAFを実現するため、動画撮影時にも駆動音が気にならない。また、滑らかに回転するフォーカスリングにより、MF時にもスムーズな操作感が得られる。

また、「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」と同じく鏡筒にはスイッチを配置しておらず、レンズ設定はカメラメニューで操作する。

  • AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

    AF/MFはカメラの「フォーカスモード」で切り替える

  • AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

    手ブレ補正VR機構のON/OFFはカメラの「光学手ブレ補正」で設定

■主な仕様
マウント ニコンFマウント CPU内蔵Gタイプ
焦点距離 10〜20mm
レンズ構成 11群14枚(非球面レンズ3枚)
画角 109°〜70°(35mm判換算 15〜30mm相当)
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
開放絞り F4.5(焦点距離10mm時)/ F5.6(焦点距離20mm時)
最小絞り F22(焦点距離10mm時)/ F29(焦点距離20mm時)
最短撮影距離 0.22m(ズーム全域)
最大撮影倍率 0.17倍
フィルター径 φ72mm
サイズ(最大径×長さ) φ約77.0×73.0mm
質量 約230g
付属品 72mmスプリング式レンズキャップ LC-72、裏ぶた LF-4、バヨネットフード HB-81、レンズケース CL-1015

※一部のデジタル一眼レフカメラおよびフィルム一眼レフカメラでは使用できない。また、カメラによっては使用に制限がある。該当機種はニコンのサイトを参照。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS