1. ホーム
  2. 動画
  3. 動画ニュース
  4. 防水コンパクト「パナソニック ルミックスFT1」で新たな写真の楽しみ方を発見!

最新号紹介

CAPACAPA 7月号
プロがすすめるカメラ・機材購入ガイド ソニーα9 vs.フラッグシップ一眼レフ 夏の風景撮影旅10 【付録】2017春夏 主要一眼カメラガイド詳細はこちら
デジキャパ!デジキャパ! 7月号
夕方と夜の撮影技法 一眼動画の基礎の基礎 安くてイイ交換レンズベスト5 ホントに使えるスマホ写真アプリ 新旧一眼ガチ比べ 詳細はこちら
最新カメラムックカメラムック - 別冊・書籍 -
学研のカメラ・写真・撮影テクニック本。オンライン販売もこちら!一覧を見る
  • Twitter
  • Google+
  • Facebook

CAPAカメラネット動画レポート

防水コンパクト「パナソニック ルミックスFT1」で新たな写真の楽しみ方を発見!

「パナソニック・ルミックスFT1」を手に入れた。

ルミックス・シリーズ初の防水防塵デジカメであり、かつハイビジョン動画も撮れてしまうという優れものだ。しかも1.5mからの落下にも耐える耐衝撃性能を誇る。
この春、各メーカーから防水コンパクトが相次いでリリースされたが、機能、デザイン、質感とすべてにおいてハイレベルで、個人的には防水コンパクトの本命機に押したいところだ。

そんなわけで、早速実写してみた次第。

不肖ワタクシ、そもそも“防水カメラ”を使ったことがなく、手っ取り早く思いついたのは風呂場での撮影。ひねりのなさが我ながら悲しいところではあるが、結論からいえば、「FT1」はものすごく楽しかった。

何がすごいって、当たり前だけど、防水であること。

例えば腕時計の場合、実際に水に沈めたり泳いだりしても問題ないのは「200m防水」以上の性能とされている。個人的にこの感覚が身についていたので、躊躇なく沈められるというのは、それだけで感動してしまう(耐熱性能は水温39度以下)。
風呂場での撮影なら無理に沈めることもないのだが、そこは興味本位であえて沈めてみた。最初はちょっとビビったけれど、確かに大丈夫だ。何事もなかったかのように普通に撮れる。ハウジングもしてないのに、感心だ。

ところで、ISO感度やらホワイトバランスやら露出補正やら、風呂場での撮影設定はどうしたものか

と悩んだりもしたのだが、そこはパナソニックが誇る「おまかせiA」に設定し、カメラ任せで撮影。なんの問題もなく撮影できた。
やや風呂場が暗かったので、感度がISO800となり多少のノイズは出ているが、大きなサイズでプリントしなければぜんぜん気にならないレベルだ。

そしてもちろん、動画もすごい。

今回はウェブにUPするため「MOTION JPEG」で撮影した。悲しいかな動画は門外漢ゆえ細かいところはわからないのだが(ごめんなさい)、とにかくきれい。コンパクトカメラでこの画質、素直に感動してしまう。もちろん水もへっちゃらだから、楽しさ倍増だ。

今回はお試しレベルの撮影だったが、水を気にせず撮れる、というのがこんなに素晴らしいとは知らなかった。「FT1」のおかげで、どうやら私は新たな写真の楽しみ方を発見してしまった。

(デジキャパ!編集部・尾島)

関連記事:新製品エキスプレス「パナソニック ルミックスFT1」

Panasonic LUMIX FT1 動画

「パナソニック・ルミックスFT1」の動画モードで撮影。動画を再生

Panasonic LUMIX FT1

シャープなデザインの「パナソニック・ルミックスFT1」。アルミ削り出し風ボディパネルは質感高し。

Panasonic LUMIX FT1 作例

防水コンパクトなら撮影フィールドが飛躍的に広がる。ISO800、1/40秒。

Panasonic LUMIX FT1 作例

レンズ部分を半分水に沈めつつ撮影。臨場感満載。

動画レポート トップ